So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

vol.25掲載作品より(らくあさん) [作家紹介]

「ハオ」vol.26(2018年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2018-03-31

==========================
「オリジナル作品の作り方セミナー」5月13日(日)参加者募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2018-04-07

=============

参加作家募集中の『ハオ』vol.26。
今年の募集テーマは「冬のオノマトペ」です。
難しく考えなくてもOK^^
「こたつにミカン」「雪合戦」…など、冬のくらしのワンシーンをテーマに制作したウェアや小物などの作品を募集しています。

冬の足音が聞こえてくるような1冊にしたいので、
作品には「チラチラ」「しんしん」…など、オノマトペ(擬音語、擬態語)をタイトルにつけてくださいね^^


『ハオ』はニット、ソーイング、クラフトなどの分野でオリジナル作品を作られる方なら、どなたでも参加できる誌上ギャラリーです。

あなたも「ハオ」で作品を発表してみませんか?

「どんな作品が掲載されているの?」「参加している作家さんはどんな人?」
そんな声におこたえできたら…と、前号vol.25にご参加いただいた作家さんの作品をご紹介させていただきます。

**********************
本日ご紹介するのは、らくあさん(ブログはこちら→)。
彼女も昨年初めて「ハオ」に参加してくださいました。

昨年のテーマは「冒険」。
メインのブルーのショールに合わせる白のトップスと黒のスカートもアフガン編みで自作してくださいました。
rakuaweb.jpg
<作品タイトル>
海のショール
海を渡り、未だ見ぬ地へ向かって旅に出よう。
青い海、打ち寄せる波、白い雲。大好きなアフガン編みで「海」を表現。
今日は出発前のパーティです。
(hao vol.25より)


らくあさんと最初に出会ったのは、2年前のハオグループ展。
2年前に初参加されたニット作家 ゆとまゆさんのブロ友さん(ブログ友だちという言葉を初めて知りました^^;)として、展示を見に来てくださいました。
年が明け、去年5月の「オリジナル作品の作り方セミナー」を受講してくださり、引き続き「ハオ」vol.25に参加してくださいました。

「オリジナル作品の作り方セミナー」では、その年の「ハオ」の募集テーマに沿ってイメージマップや編み図を作り、それがどんな作品に展開できるかを「アイデアノート」にまとめます。

らくあさんの「アイデアノート」の一部。
rakua1.jpg
縁編みや斜めのラインなど、アイデアの種が完成作品に活かされているのがわかります^^


「オリジナル作品の作り方セミナー」でまとめたアイデアの種を、アイデアだけで終わらせず、実際の作品に仕上げ、発表するのが「ハオ」の誌上ギャラリーです。

6月の参加作家ミーティングでは、それぞれが制作予定の作品のデザイン画や編み地を持って集合。1人1人自分のデザインをプレゼンテーションします。
IMG_5313s.jpg
らくあさんは、実物大の生地を用意して、デザインを説明してくださいました。

↑の写真で右側にチラッと写っている手に持ったオレンジの編み地。
「太陽」のイメージとして作品の中に取り入れるかどうか。実制作に入ってからも随分悩まれていましたが「この作品で一番伝えたいのはどこか?」、松村とも相談し、思い切ってデザインを引き算。

DSC_4995E8A39CE6ADA3E6B888E381BF.jpg
うん、アフガン編みのニュアンスのある編み地だけでインパクト十分の作品ができました。

IMG_5973s.jpg
12月のグループ展では、初めての展示、作品の販売も経験。
こちらでも様々な気づきや経験ができたのではないかな、と思います^^


一生懸命作って、発表する。
「ハオ」ってそれだけです。

ゼロから発想し、手を動かして試行錯誤し、アイデアを形にする。
そのプロセスこそ、オリジナルの作品作りに欠かせないものだと「ハオ」は考えます。
評価はその後についてくるもの。
まずは、作る人に一番大切なことに真摯に取り組む。
「ハオ」はそんなもの作りの応援をしていきたいと思っています。

らくあさんに「ハオ」での作品づくりについてコメントをいただきましたので、ご紹介します。
=============
★ハオに参加した理由…
「オリジナルを編んで着る」を楽しんでいますが、やっぱり見ていただける機会があったらうれしい。そんな時に、ある展示会に行って「ハオ」の冊子に出会いました。どの作品も個性があって素敵で、「いつかは私も参加してみたいなぁ」と思いました。
でも、自信がなく1年見送り、昨年、まずは「オリジナル作品の作り方セミナー」から参加してみました。そこで無理だと思ったら諦めようと思いました。
悩みましたが、テーマが「冒険」だっこともあり、「そうだ、自分自身の冒険も大切」と思い、チャレンジすることに決めました。先輩作家さんが皆さん、優しかったのも参加を決めたポイントでした。

★ハオに参加して良かったこと…
私の制作は「糸」を選んでからデザインをする。一目惚れした糸を編むのがとにかく楽しい。でも「ハオ」では真逆。テーマがあり、そこからイメージした形があって、素材を選んでいく。私の中ではここが1番大変でした。そういう過程の違いも良い経験になりました。
でも、1番はやっぱり「作品を見ていただける」ことでした。普段は自分で着られる物だけを編むので、そこから外れてモデルさんが素敵に着こなしてくれる作品を編めたことも楽しかったです。

★これからハオでやってみたいこと…
「自分の作風、個性って何?」という思いにつまずいてしまいます。 その悩みを少しずつ払拭していきたい。「ハオ」では、普段編まない作品を考えつつ、そこを見つけていけたらいいなぁと思っています。グループ展での「販売作品」も不慣れで難しいけれど、少しずつ成長したいです。


=============

「ハオ」では、毎号テーマに合わせた作品を募集しています。
IMG_5692s.jpg
作品はカメラマンが撮影。作品をいい形で記録に残すことができ、ご自身のPR等にご利用いただけます。また、冊子は1000部印刷し、関東を中心に手芸店やギャラリー、カフェなどに設置。たくさんの方にあなたの作品を見ていただけます。

8937_1474416138.jpg
手芸メーカーや、出版社、編集者の方にも献本していますので、お仕事のお声がかかることも^^ 一昨年秋には、ハオに参加する作家たちによる初めてのニット作品集「家族みんなのあったかニット」が発行になりました。

26904122_1282597938506350_6038192308645362638_n.jpg
また、年末には掲載作品の展覧会も開催。作品の実物を直接お客さまに見ていただけるだけでなく、作品展開催のプロセスの体験は、きっとよい学びになると思います。今年も吉祥寺駅徒歩3分。最高のロケーションの「ギャラリー永谷」さんで開催予定です^^(3000円程度の実費負担が必要です)

あなたも『ハオ』で作品を発表してみませんか?
『ハオ』vol.26参加作家募集中。詳しくはこちらをご覧ください→

『ハオ』の参加に興味のある方へ。
5月13日(日)「オリジナル作品の作り方セミナー」受講者募集中!
詳しくはこちらをご覧ください。→

=============

※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.25
http://p.booklog.jp/book/121284
vol.24
http://p.booklog.jp/book/114611
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/
nice!(1)  コメント(0) 

vol.25掲載作品より(sayuさん) [作家紹介]

「ハオ」vol.26(2018年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2018-03-31

==========================
「オリジナル作品の作り方セミナー」5月13日(日)参加者募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2018-04-07

=============

あっという間に4月も半ばを過ぎました。

今年の『ハオ』vol.26の募集テーマは「冬のオノマトペ」。
冬のくらしのワンシーンをテーマに制作したウェアや小物などの作品を募集しています。
作品には「チラチラ」「しんしん」…など、オノマトペ(擬音語、擬態語)をタイトルにつけてくださいね^^

『ハオ』はニット、ソーイング、クラフトなどの分野でオリジナル作品を作られる方なら、どなたでも参加できる誌上ギャラリーです。

あなたも「ハオ」で作品を発表してみませんか?

「どんな作品が掲載されているの?」「参加している作家さんはどんな人?」
そんな声におこたえできたら…と、前号vol.25にご参加いただいた作家さんの作品をご紹介させていただきます。

**********************
本日ご紹介するのは、sayuさん。
昨年初めて「ハオ」に参加してくださいました。

昨年のテーマは「冒険」。
DSC_5017.jpg
<作品タイトル>
幕開け
日々の生活の中で迎える節目の時。
今までの幕が下り、次の幕が上がる。
人生の第1、第2、第3幕…。新しい舞台は冒険の始まり。
(hao vol.25より)


sayuさんは、ヴォーグ学園で きゆな先生のオリジナルデザインレッスンの講座に通う生徒さん。
ちょうどご自身のお子さんが独立される時期だったそうで、「冒険」というテーマから、子育て終了後の自分の人生の「幕開け」をイメージし、作品をデザインされました。

最初に見せてくださった編み地↓は、ダークなラメ糸をかぎ針編みしたレーシーなイメージ。
image1.JPG
こちらの編み地も もちろん素敵。
しかし制作を進めていく中で、ご自身の中でどこかしっくりこない気持ちが出てきたそうです。

きゆな先生のレッスンにも編み地を持参しアドバイスをもらいながら、デザインを練り直し、締め切り1ヶ月前に大きく方向転換。
DSC_5043補正済み.jpg
素材、技法、全てを変更し、試行錯誤の末「自分の『幕』はこれだ!」という作品を作り上げることができたそうです^^


一生懸命作って、発表する。
「ハオ」ってそれだけです。

ゼロから発想し、手を動かして試行錯誤し、アイデアを形にする。
そのプロセスこそ、オリジナルの作品作りに欠かせないものだと「ハオ」は考えます。
評価はその後についてくるもの。
まずは、作る人に一番大切なことに真摯に取り組む。
「ハオ」はそんなもの作りの応援をしていきたいと思っています。

sayuさんに「ハオ」での作品づくりについてコメントをいただきましたので、ご紹介します。
=============
★ハオに参加した理由…
きゆな先生のレッスンを受けている中でお話をいただき、参加させていただくことになりました。自分の中で ひとつの挑戦、そして経験を積むことに繋がる…と思ったのが大きな理由です。

★ハオに参加して良かったこと…
作家として第1歩が踏み出せたこと。いろんな方との関わりの中から、たくさんのことが見えてきたこと。自分の感性に従ってよいと思えたこと。

★これからハオでやってみたいこと…
へぇ〜と思わす
ほぉ〜うと思わす
う〜んと唸らす 作品を作りたい ^^


=============

「ハオ」では、毎号テーマに合わせた作品を募集しています。
IMG_5692s.jpg
作品はカメラマンが撮影。作品をいい形で記録に残すことができ、ご自身のPR等にご利用いただけます。また、冊子は1000部印刷し、関東を中心に手芸店やギャラリー、カフェなどに設置。たくさんの方にあなたの作品を見ていただけます。

8937_1474416138.jpg
手芸メーカーや、出版社、編集者の方にも献本していますので、お仕事のお声がかかることも^^ 一昨年秋には、ハオに参加する作家たちによる初めてのニット作品集「家族みんなのあったかニット」が発行になりました。

26904122_1282597938506350_6038192308645362638_n.jpg
また、年末には掲載作品の展覧会も開催。作品の実物を直接お客さまに見ていただけるだけでなく、作品展開催のプロセスの体験は、きっとよい学びになると思います。今年も吉祥寺駅徒歩3分。最高のロケーションの「ギャラリー永谷」さんで開催予定です^^(3000円程度の実費負担が必要です)

あなたも『ハオ』で作品を発表してみませんか?
『ハオ』vol.26参加作家募集中。詳しくはこちらをご覧ください→

『ハオ』の参加に興味のある方へ。
5月13日(日)「オリジナル作品の作り方セミナー」受講者募集中!
詳しくはこちらをご覧ください。→

=============

※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.25
http://p.booklog.jp/book/121284
vol.24
http://p.booklog.jp/book/114611
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

nice!(0)  コメント(0) 

表参道散策「歌川智子20周年記念個展」へ [イベントレポート]

「ハオ」vol.26(2018年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2018-03-31

==========================
「オリジナル作品の作り方セミナー」5月13日(日)参加者募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2018-04-07

=============

昨日アップした「オリジナル作品の作り方セミナー」、既に続々お申し込みをいただいております^^
気になっている方はぜひお問い合わせくださいね。

告知をアップして午後はまったり土曜日。
家族もそれぞれ好き勝手に過ごしていましたので、「ならば!」と表参道に出かけてまいりました。

1月にお会いした京都のファンシーヤーンメーカー「モンドフィル」さん(1月の記事はこちら→)からご案内いただいていた合同素材展。
IMG_3429.JPG
アパレルに素材を卸されているメーカーやブランド数社による展示会だそうです。

IMG_3427.JPG
糸やレース、ビーズなどの素材をはじめ、ショール、子ども服、アクセサリーなど。珍しくてお買い得なものがざくざく!

IMG_3436.JPG
あ〜(>_<) これは「MHHの会」として、作家のみんなも誘うべきだった!
アパレル用のニット生地をアップサイクルしたシューズが3,000円(定価は14,000円くらい)! 他にもモンドフィルさんの はんぱファンシーヤーンなど、爆買いしてしまいました。。。
次の機会には、ぜひハオの作家さんたちにもお声がけしようと思います。

モンドフィルのH社長ともご挨拶。
次につながりそうな嬉しいご提案もいただきました^^


会場を出て…、
せっかく表参道に来ているので、ギャラリーパレットさんにも行っておこうと歩いていると…

道中、以前から気になっていた輸入毛糸のショップ「WALNUT」さんを発見!
この2月に表参道に移転されたのだそうです。店内はお客さまでとても賑わっていました。
IMG_3438.JPG
WALNUTさんの会社が発行されている編み物ライフスタイルマガジン「amirisu」を購入。
一度読んでみたかったんです。じっくり堪能予定。


ギャラリーパレットでは、バッグ作家 歌川智子さんの作家活動20周年個展を開催中です。
IMG_3430.JPG

ダンボールを使った両面織り機「おりりん」を使ったバッグや、クロバーの「咲きおり」を使ったウェアなど、カラフルでアイデア満載の作品を楽しみました。
IMG_3431.JPG

歌川さんともご挨拶。FBなどで活動を拝見していましたが、直接お話するのは初めてだったので嬉しかった^^
IMG_3432.JPG

ギャラリーパレットオーナーの秋間さんとも、いろいろ情報交換させていただき、有意義な午後となりました。
歌川さんの個展は本日16時まで(すみません(>_<)! ブログアップが遅れました!)
お近くにいらっしゃる方は、ぜひ会場にお立ち寄りくださいね。


ふと思いついてのお出かけでしたが、収穫いっぱいの1日になりました^^

=============
「ハオ」vol.26(2018年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2018-03-31

==========================
「オリジナル作品の作り方セミナー」5月13日(日)参加者募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2018-04-07

=============

ハオの作家たちによる 初めてのニット作品集
8937_1474416138.jpg
「家族みんなのあったかニット」
成美堂出版より発売中!
ぜひ、ご覧ください!
http://www.seibidoshuppan.co.jp/product/9784415322384/

=============

※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.25
http://p.booklog.jp/book/121284
vol.24
http://p.booklog.jp/book/114611
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/
nice!(0)  コメント(0) 

<受講者募集中>「オリジナル作品の作り方セミナー」5/13(日)  [ハオvol.26の活動]

「ハオ」vol.26(2018年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2018-03-31

==========================
IMG_4948s.jpg
ハオvol.26の参加作家募集に合わせて、恒例となりました「オリジナル作品の作り方セミナー」を今年も開催いたします。

「ハオ」への参加をご検討中の方に。「自分らしい作品づくり」を模索中の方に。
自由に作品を生み出すための視点を実践ワークを交えて学べる1dayセミナー。

「作品」とは何でしょう?
趣味の手作り品との違いは、そこに見る人、使う人、買う人…といった「相手」がいることではないでしょうか?
作品を通して、見る人に何を感じてほしいのか、それを引き立たせる方法とは?
…そんな切り口での講習を考えています^^

vol.26の募集テーマ「冬のオノマトペ」からデザインを起こす実践ワークも行いますので、ハオへの参加をご検討の方はご自身のデザインアイデアを整理したり、アドバイスをもらえる絶好の機会。過去のセミナーにご参加いただいた方も大歓迎です^^

参加者には「ハオvol.26」の掲載料割引の特典もあります。ぜひ、参加をご検討ください!
================

ハオ 1dayセミナー
「オリジナル作品の作り方セミナー」募集要項

あなたは自分で自由にデザインが起こせますか?
オリジナルを作っている(つもりだ)けれど自信がない。
もっと自分ならではの「何か」を見つけたい…という方も多いのではないでしょうか?

「技術」や「売り方」ではなく、「ゼロから作品を生み出す視点」「魅せる作品づくりのための視点」を実際に手を動かしながら学ぶワークショップ。
ニットデザイナー きゆなはれる&ミニコミ誌「ハオ」編集長 松村忍による1年に一度のワンデーセミナーです。
5月の稲村ケ崎の海の空気はさわやか。無添加素材の味覚を目覚めさせるランチを楽しみながら、五感を遊ばせる贅沢な創作時間を過ごしてみませんか?

★こんな方の参加をお待ちしています
・自分でデザインした作品を作れるようになりたい(作っているけど自信が無い)方
・現在のもの作りを、もう一歩深めたい方
・作家活動をしたい(しているけど壁にぶつかっている)方
・自分の作品にマンネリを感じている方
・ハオvol.26への参加に興味のある方

※特別なスキルは不要です。

★日時 2018年5月13日(日) 10時30分〜15時30分(ランチつき)

★概要
第1部 10:30〜12:30 講師:きゆなはれる「作品を引き立てるために」
イメージから色や柄を起こす実験。作った作品の見せ方。デザインポイントの引き立て方についての実験。固くなった頭を感性でストレッチしよう。

ランチ交流会 12:30〜13:30 

第2部 13:30〜15:30 講師:松村忍
「アイデアノートを作ろう〜テーマのある作品づくり」
『ハオ』vol.26の誌上ギャラリーの募集テーマでもある「冬のオノマトペ」を題材に、イメージマップや編み地を作りながらオリジナル作品を作る手順を学びます。

※自由な教室なので状況によって時間は多少前後します。
※当セミナーは「ハオ」vol.26の取材を兼ねております。セミナーでの制作物はハオvol.26に掲載する場合があります。予めご了承ください。

★場所 フィールドノート(きゆなはれるアトリエ)
鎌倉市稲村ケ崎2-5-24(江の電 稲村ケ崎駅より徒歩3分)

★定員 先着8名

★講習料  6000円(ランチ代込み/当日会場でお支払いください)

★持ち物 クロッキー帳(スケッチブック)、色鉛筆、はさみ(紙を切れるもの)、のり、切り抜いていい雑誌、毛糸、端切れなどの素材
※参加者に改めて詳細をご連絡します(持ち物の詳細決定はGW明けの予定です)。

★主催 ハオ編集部
ミニコミ誌「ハオ」はニット、ソーイング、クラフト分野の若手作家が自由に作品を発表できる「誌上ギャラリー」をコンセプトとしたフリーペーパーです。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/
『ハオ』vol.26参加作家募集中。詳しくは下記をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2018-03-31

★セミナー参加特典
当セミナーにご参加いただいた方は、『ハオ』vol.26への作品掲載料(16,000円)を1,000円割引いたします。
セミナーで学んだことを活かして、実際に作品を作って発表してみませんか?
午後のアイデアノート作りでは『ハオ』vol.26の誌上ギャラリーの募集テーマでもある「冬のオノマトペ」を題材にオリジナル作品を作る手順を学びます。
「『ハオ』に参加してみたいな…」という方には、特におすすめです^^

★お問い合わせ、お申し込み
下記のメールフォームに必要事項をご記入のうえ、お申し込み、お問い合わせください(準備の都合上、参加のお申し込みは5月9日までにお願いします)。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/d3f9ef6c296327

★講師プロフィール
きゆなはれる
遊び心のあるスローライフが信条のデザイナー。造形教室「夢民舎」主宰。ジャンルを問わず意欲的な作品を発表している。『かぎ針1本あれば……』(文化出版局)など著書多数。

松村忍
デザイナー・クラフト作家。手芸雑誌や書籍などで作品を発表。ミニコミ誌『ハオ』編集長。監修本に『棒針編み困ったときに開く本』、『かぎ針編み困ったときに開く本』(新星出版社)。

=============
「ハオ」vol.26(2018年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2018-03-31

========================

ハオの作家たちによる 初めてのニット作品集
8937_1474416138.jpg
「家族みんなのあったかニット」
成美堂出版より発売中!
ぜひ、ご覧ください!
http://www.seibidoshuppan.co.jp/product/9784415322384/

=============

※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.25
http://p.booklog.jp/book/121284
vol.24
http://p.booklog.jp/book/114611
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/
nice!(0)  コメント(0) 

hao vol.25 電子書籍版 発行しました [ハオvol.26の活動]

4月に入り、暑いくらいの東京です。
ハオvol.25の電子書籍版をアップしましたので、ご案内いたします。

vol25h1.1002web.jpg
hao vol.25電子書籍版→
こちらは無料配布ではなく、運営費へのカンパということで100円で販売させていただいています。(購入には電子書籍の販売サイト「パブー」への会員登録が必要です)
とはいえ、エッセイ以外のページは全て会員登録なしに「試し読み」で見ることができますので、「『ハオ』ってどんな本?」と興味を持った方は、今すぐ覗いてみてくださいね。

★冊子版「ハオvol.25」はおかげさまで配布を終了いたしました。
4月4日以降、ワンコインスポンサーをお申し込みの方には、2018年10月発行予定の「ハオvol.26」をお届けいたします。ご了承ください。

========================

「ハオ」vol.26(2017年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2018-03-31

========================

ハオの作家たちによる 初めてのニット作品集
8937_1474416138.jpg
「家族みんなのあったかニット」
成美堂出版より発売中!
ぜひ、ご覧ください!
http://www.seibidoshuppan.co.jp/product/9784415322384/

=============

※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.25
http://p.booklog.jp/book/121284
vol.24
http://p.booklog.jp/book/114611
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/
nice!(1)  コメント(0) 

ハオvol.26 参加作家を募集します。 [ハオvol.26参加作家募集要項]

vol25h1.1002web.jpg
ミニコミ誌「ハオ」では、2018年10月発行予定のvol.26に作品掲載を希望する作家を募集いたします。


「ハオ」は、作家たちが掲載料を出し合って発行する、作り手発信の冊子です。
忙しい毎日の中でも何かを発信したい人、今のもの作りから一歩踏み出したい人のための本です。
1年にひとつ。真摯に作品と向き合い、発表し、形に残す。仲間たちとの交流も、あなたのもの作りに新しい風を運んできてくれるでしょう。


25.mihirakiweb.jpg
vol.25掲載作品/左ページ まるちゃん 右ページ shizuka


IMG_5692s.jpg
掲載する作品はすべてプロのカメラマンが撮影。作品をよりよい形で記録に残せるだけでなく、自己PRにも活用いただけます。

26904122_1282597938506350_6038192308645362638_n.jpg
冊子発行に合わせ掲載作品の作品展も開催。2018年も11月29日より吉祥寺のギャラリー永谷にて開催を予定しています。参加作家は会場費の負担なしで、ギャラリーでの作品展にも参加できます(3,000円程度の実費負担があります)。


下記に募集要項を記させていただきましたので、ぜひご参加ください!
たくさんの方のご応募をお待ちしております。


※バックナンバーはこちらで試し読みできます。
http://p.booklog.jp/book/121284
※冊子の実物をご覧になりたい方は、下記をご覧ください。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/place/


================================
<ハオvol.26 参加作家募集要項>

■参加資格
ニットやソーイング、クラフトの分野で、オリジナルの作品を制作している方ならどなたでも。

■掲載料
16,000円
貸しギャラリーの「レンタル料」と同様に、『ハオ』 への作品掲載には「掲載料」が必要です。掲載料は、掲載決定後、指定の口座にお振込いただきます。

■vol.26(2018年10月中旬発行予定)の誌上ギャラリー募集テーマ
冬のオノマトペ

窓の外では「チラチラ」粉雪。
ストーブの上のヤカンが「シュンシュン」
朝一番の外気に「キュッ」と身が引きしまる。
そんな冬の暮らしの1シーンをテーマに制作した、ウェアや小物などの作品を募集いたします。
作品には関連するオノマトペ(擬音語、擬態語)をタイトルにつけてください。


■お申し込み方法
関心のある方は、まずはメールにて編集部にご連絡ください。

↓お問い合わせメールアドレス
hao.since1999@gmail.com

応募には以下の書類が必要です。
・制作予定の作品のラフスケッチ
・作品タイトル(「キラキラ」など擬音語、擬態語をタイトルにつけてください。「キラっ」など繰り返しでなくてもOK)と、作品の簡単な解説(素材、手法、何をイメージしたものか…等)
・ご自身のこれまでの作品ファイル

送り先等は、ご連絡いただいた方にメールにて返信させていただきます。

※書類の到着をもって受付とさせていただきますので、お早めにお問い合わせください。
※お問い合わせ件名は「参加作家募集について」としてください。
※[hao]は小さな本のため、参加希望者が多数の場合、全員の作品を掲載できないことがあります。希望者多数の場合は、作品のアイテムのバランスや作風を考慮して、参加者を選ばせていただきます。

■申し込み締め切り
2018年6月1日必着
※ご応募いただいた方には、6月末までに参加の可否をご連絡いたします。
※参加者の完成作品納品日は2018年8月中旬頃になります。
※参加作家の方は6月に開催の、顔合わせミーティング(鎌倉市稲村ケ崎)にご出席をお願いします(6月17日で調整中。ミーティング終了後に懇親会を予定しています)。

■グループ展について
2018年11月29日~12月4日。吉祥寺の「ギャラリー永谷」にて、ハオvol.26の掲載作品を展示するグループ展を開催いたします。「冬のオノマトペ」の作品はすべて出品いたしますので、ご了承のうえ「ハオ」への参加をご検討ください。
グループ展の出品には、上記掲載料以外に、DM代など3,000円程度の実費を後日精算させていただきます。予めご承知おきください。

■作品写真の使用について
※本誌掲載用に撮影した作品写真の著作権は、ハオ編集部にあります。
※作品写真は本誌掲載のほか、本誌及び関連イベントの宣伝のため、スタッフブログ、公式ウェブサイト、DMハガキなどの印刷物に使用する場合があります。
※作品写真を本誌の表紙に使用する場合があります。表紙に掲載した作品写真は、当該号のウェブサイトのイメージ画像として1年間使用します。また、ポストカード化して読者プレゼントとして1年間使用します。予めご了承ください。

■お問い合わせ
ご連絡先を明記のうえ、上記アドレスにメールにてご連絡お願いいたします。

皆さまからのご参加を心よりお待ちしております。


========================
ハオの作家たちによる 初めてのニット作品集
8937_1474416138.jpg
「家族みんなのあったかニット」
成美堂出版より発売中!
ぜひ、ご覧ください!
http://www.seibidoshuppan.co.jp/product/9784415322384/

=============

※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.25
http://p.booklog.jp/book/121284
vol.24
http://p.booklog.jp/book/114611
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/
nice!(0)  コメント(0) 

第一回 MHHの会 [ハオvol.26の活動]

ハオvol.26の参加作家募集テーマ発表の日が近づいてまいりました。

今日は稲村ヶ崎のきゆな先生のアトリエへ。
5月13日に開催予定の「オリジナル作品の作り方セミナー」の打ち合わせに行ってきました。
↑告知、募集は4月上旬に行います。興味のある方は予定を空けておいてくださいね^^

恒例の海へ。
IMG_3418.JPG
今年もハオの冊子が無事完成しますように! グループ展が成功しますように!
海の神様にお祈り。

実は、今年のハオの活動に関して、心に決めていることがあります。

それは参加作家さんとのコミュニケーションを増やすこと。

前号vol.25の活動を振り返ると、新規参加の作家さんが参加経験のある作家さんのお友だちだったり、参加作家親睦会や、フェイスブックグループを活用したり…などなど、去年は参加作家さん同士のコミュニケーション量が普段の号より多かったんです。
参加作家全員の温度差が少なく、目線が揃っていた。いろんなことが言いやすいし、みんなのフットワークも軽い。
年末のグループ展が大盛況で終わることができた理由のひとつは、ここにあると思いました。

そして、1月にハオの作家さんたちに声をかけて糸メーカーの展示会めぐりをしたこと(その時の記事はこちら→)。初参加の作家さんたちと一緒にランチしたり、他愛もないおしゃべりをたくさんできたのがとても楽しかった。その中でグループ展についての意見や、作家さんお一人お一人の活動についての思いもたくさん聞くことができました。


ミーティングではどうしても議題や事務連絡に追われてしまいます。
特に目的もなく集まって、おしゃべりする時間を持ちたい! 持とう!

…ということで、今年の私の活動の裏テーマ
名付けて
「MHHの会」!
「M(松村さんと)H(ハオのことを)H(話す)会」(笑)
「むははの会」ね。
作家さんとおしゃべりする中で、みんなの本音や意見、アイデアを聞き出そうとする、私の下心たっぷりの笑い声のようでもある^^;

早速、きゆな先生との打ち合わせにかこつけて、作家さんたちをお誘いしたところ
IMG_3421.JPG
5人の作家さんが来てくださいました〜[揺れるハート] きゆな先生からありがたいお話を拝聴しているところなので、皆さん顔が真面目ですが、笑い声の絶えない会になりました^^

IMG_3420.JPG
フィールドノートMan 竹内シェフにお願いしたランチ。甘夏の酸味がアクセント、春らしいちらし寿司^^


次号のテーマのことをはじめ、
「本当に編み物だけで食っていかなくてはいけないのか」問題、
「パターン集の編み図をアレンジした作品を販売していいのか」問題、
さらには「実は『○○パン』のパッケージの○○の絵は、きゆな先生が若い頃にバイトで描いたイラストだった」という仰天スクープまで(笑)

あんまり「ハオ」の話はしなかったけど^^; 、先生も一緒にぶっちゃけトークの3時間半。
正直、数万円の個人カウンセリングくらいの価値があったような。。。
グループ展が終わってからは、私自身の作家活動にもウジウジモヤモヤしていたところがあったので、きゆな先生はじめ、作家さんたちのお話に、たくさんの気づきと自覚、元気をもらえた会になりました。


「MHHの会」
…なんてネーミングは、誰にもカミングアウトしなかったけれど、また機会を見つけて参加作家の皆さまにお声をかけたいと思います。


そのうちに「MHHの会」に行きたくて、「ハオ」に参加してくれる作家さんが増えてくれるといいな。
…むはは


=============

※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.24
http://p.booklog.jp/book/114611
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/
nice!(0)  コメント(0) 

「書き出してやりたいことを実現する」手帳講座 [イベントレポート]

「この講座は、松村さんにこそ必要かもってお誘いです~(*^o^*)」

ハオの作家 まるちゃんに誘われて、小金井の手芸カフェ「まにあ〜な」さんで開催の「『書き出してやりたいことを実現する』手帳講座」を受講してきました。

手帳講座に興味があるというよりも「手帳講座が必要な人」とハオの作家さんに思われていることがショック(笑)
「おぅおぅ、行ってやろうじゃん(鼻息[ダッシュ(走り出すさま)])」
ということで出かけてまいりました(態度悪っ!)。
IMG_3371.JPG
まにあ〜なさんでは告知前からキャンセル待ちが出るほど大人気の講座だそう。

作家さん向けというよりは、主婦の方向けだったかな。
いろいろ企画したり、メンバーをまとめたりという立場の私にとっては、既に知っていてやっていることが多かったです(まるちゃん、ごめんなさい)。
でも講師の方のお話は面白く、あっという間に2時間が過ぎ、時間が足りないくらいでした。

講習の中で出てきた「大人の自由帳」。
さっそく自分でもやってみようと、帰宅前にノートを買ってきました。
IMG_3375.JPG
気分を盛り上げるために、かわいいスヌーピーのノートが欲しかったんだけど、「これ!」というものが見つけられず、シンプルなリングノートにスヌーピーのシールを貼りました^^

…と、ノートを用意したところで軽い既視感。
IMG_3377.JPG
似たようなノート、既に持っていました〜。
右の白いノートは「ハオ」用。
左の水色のノートは「息子」用。

IMG_3376.JPG
白のノートには「ハオ」についてのなりたい姿、妄想、一人ブレスト、作家さんとの打ち合わせメモなど。vol.21のリニューアルのときからずっと使ってます。

水色のノートは、息子の三者面談の記録、学校見学や塾の先生からの電話メモ、内申点の皮算用(汗)など、息子の進路絡みのことを書いてます。

そういえば、自分自身のことを書くノートは持っていないな…と気づいて。
スヌーピーのノートは自分のことを書くノートに使いたいと思います^^
さっそく、目標を書きましたよ^^

「50歳で手袋の個展!」

逆算したら4日で手袋を1組編まないといけない計算になり、いきなり軌道修正を迫られてます(滝汗) でも書き出すって大切ですね。可視化することで、今何をすればいいかがハッキリ見えてきました。

手帳講座の番場先生の「手帳」は、お子さんの運動会の写真や、お料理の写真を貼ったりと、すごくかわいいものだったのですが、私のはなぐり書き(汗)

「写真貼るなんて面倒! 私にはムリムリ!」と、講習中は思っていましたが、そういえばこういうのは作っているな…と思い出しました。

アイデアノート!(ドラえもん風に)
写真どころか、編み地も貼ってました。
(オリジナル作品の作り方セミナー、今年は5月13日開催予定。さりげなく告知^^;)
ideanote.jpg

↓こちら今村曜子先生の個展に置かれていた魂のノート[ぴかぴか(新しい)]
m_IMG_5782.jpg

おそらくライフスタイル、ライフステージ、仕事の内容によって「手帳」の形はいろいろあってよいのでしょうね。
アイデアノートも自分の頭の中のイメージを「見える」化するための作業。
頭の中でモヤモヤしているものを「一度全部出して」「見える化」すると、行動が起こしやすくなる(作品が作りやすくなる)ということかな。

…と、自分なりに講習内容を復習。


手帳講座の後は、まるちゃんとランチ。さらにお仕事終わりのshizukaさんと合流して5時間しゃべりっぱなし。次号のテーマや、グループ展の運営のことなども、たくさんおしゃべりして有意義なインプットの1日でした^^

=============

※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.24
http://p.booklog.jp/book/114611
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/
nice!(0)  コメント(0) 

SANGATSUKAWATA Fair Isle Knitting 記憶の断片3 [イベントレポート]

3月の初日は、春を飛び越えて初夏を思わせるような陽気。

ハオのお仲間でもある かわたさんがつさんの個展の初日とあって、昨日は国立へ出かけてきました。
IMG_3353.JPG
SANGATSUKAWATA Fair Isle Knitting 記憶の断片3
会場:ギャラリー ゆりの木
東京都国立市東1-15-20
開催期間 : 3月1日(木)〜6日(火)
時間 : 11時〜18時(最終日は16:30まで)

IMG_3348.JPG
会場にはフェアアイルニットの力作が並びます。コートがすごい!

IMG_3346.JPG
バッグの著書もあり、教室もされているかわたさん。オリジナルのバッグとフェアアイルをコラボさせた作品もありました。伝統的な形にとらわれず、図案を活かしたユニークなシルエットの作品が目をひきました。

IMG_3349.JPG
かわたさんのフェアアイルは、風景などからイメージを膨らませたオリジナルの図案。それぞれの図案にはタイトルとイメージフォトがついています。

IMG_3350.JPG
新作のベスト。何をテーマにした図案だと思いますか? ぜひ会場でかわたさんに聞いてみてくださいね^^

IMG_3343.JPG
ネックウォーマーやリストウォーマーの小物は、この1年で作りためた新作だそう。
私も頑張らなくては! 大いに刺激をいただきました。

会場には口コミでいらしたという方、ご主人がフェアアイルが大好き…という方など、代わる代わるにいらして、かわたさんとニットトークが弾んでおりました。

会期は6日(火)まで。
編み込みニットがお好きな方は必見^^ ぜひお出かけくださいね。
かわたさん、素敵な展示をありがとうございました。

=============

※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.24
http://p.booklog.jp/book/114611
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/
nice!(0)  コメント(0) 

奥野ビル再び。 [イベントレポート]

2月後半は、夫がインフルエンザになってしまい、こちらも予定が狂い冴えない毎日でした。。。
この週末からなんとか日常に戻ることができ、土曜日はエイっと銀座へ。

IMG_3244.JPG
奥野ビル。再び。

たくさんのギャラリーが入っている奥野ビル。
昨年11月に石原先生の個展を見に、初めてここを訪れ、「あぁ、こういうトコで個展をやってみたいなぁ」というのが、2018年の個人的な目標になっていたのでした。

昨日見に行った展示はこちら。
岸本タクさんとtsukiさん、そして音楽のコラボによるお花の展示です。
27858016_1479622812146847_8684385464754756242_n.jpg

岸本タクさんは、実は「ハオ」ではお馴染みの方なんです。

DSC_5319.jpg★ロケ地:岸本邸
毎年、ご近所のママ友 岸本さんのご自宅前を、ハオの撮影に使わせていただいているのでした。背景に写る植物は、もちろん岸本パパことタクさんの手によるもの。

そんなパパさんが憧れの奥野ビルで展示とあらば、見に行かねばなりません。
kishi.jpg
珍しい植物とオリジナルの音楽と映像。相方のtsukiさんは可愛らしい女性でしたが、展示は色味を抑えたカッコイイ雰囲気。

IMG_3251.JPG
天井からゆらゆら揺れるのはユーカリ。

IMG_3250.JPG
コバルトブルーのは、「旅人の木」の実。名前もすてき。染めたものではなく天然の色だそう。

IMG_3249.JPG
「五感がテーマ」ということで、植物を触ったり、香りを楽しんだりできるコーナーもありました。他にもコルクの木を触らせてもらったり、見たことのない植物の触感と形に発見がいっぱいでした。

IMG_3254.JPG
蛾のリース。こういうの好き^^
石原先生のレッスンでは、こういう路線は絶対やらないと思うので新鮮。

岸本さんから、展示のお話やお花業界のお話を聞かせていただき、手芸業界と重なる点を感じて考えさせられることもいろいろありました。
「植物だけでなくもっと異業種とコラボすると面白いと思う」と岸本さん。

↓去年のハオのグループ展では、私のニットコサージュをドウダンツツジの枝に咲かせるディスプレイに挑戦したけれど、そういうハンドメイドと植物のコラボは、動きや奥行きが出るし、もっとハオの展示でも取り入れていきたいなぁ…と思っているところです。
ご近所に思わぬブレーン発見(笑)
IMG_6008s.jpg

展示を見た後は、奥野ビルのギャラリーを上から下までじっくり探検。
昨年の石原先生の個展ギャラリー「エクリュ」のオーナーさんともお会いして、ご挨拶することができました。


岸本さん、素敵な展示をありがとうございました。


久々に出かけて帰ると、花粉症でグシュグシュに。
夫のインフルで幽閉されている間に、季節が変わっていたようです。

幽閉中に確定申告を終え、ハオの会計も計算が終わったところ。
IMG_3255.JPG
冊子については、もろもろ総括して、来月参加作家の皆さんにフィードバックさせていただく予定。

春はもうすぐです。

=============

※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.24
http://p.booklog.jp/book/114611
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -