So-net無料ブログ作成
検索選択

vol.24掲載作品より(まりあむ ばっとさん) [作家紹介]

「ハオ」vol.25(2017年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31

==========================
「オリジナル作品の作り方セミナー」受講者募集中です!>5/14(日)
詳細は↓をごらんください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-04-07

***********************

あっという間に4月も後半ですね。
今年の『ハオ』vol.25の募集テーマは「冒険」

『ハオ』はニット、ソーイング、クラフトなどの分野でオリジナル作品を作られる方なら、どなたでも参加できる誌上ギャラリーです。

あなたも「ハオ」で作品を発表してみませんか?

「どんな作品が掲載されているの?」「参加している作家さんはどんな人?」
そんな声におこたえできたら…と、前号vol.24にご参加いただいた作家さんの作品をご紹介させていただきます。

**********************
本日ご紹介するのは、まりあむ ばっとさん。
昨年初めて「ハオ」に参加してくださいました。

昨年のテーマは「翼」。
DSC_3240s.jpg写真>Kazuki Tachibana
<作品タイトル>
ペガサスの翼
朝もやの森の中を駆け抜け、そして天空へ向かってはばたくペガサス。
その翼の力強さ、美しき羽根の揺らぎ。そして舞い落ちる朝露のきらめき。
(hao vol.24より)


まりあむ ばっとさんとの出会いは、数年前にきゆな先生のアトリエで開催した「あみもの実験室」にご参加いただいたのがはじめでした。今思えば「オリジナル作品の作り方セミナー」の前身にあたる講座だったのですが、オリジナル作品を作るための発想法を初心者の方でも取り組めるよう簡単な作品を作りながら学ぶ講座でした。

↓当時の写真
IMG_3468.JPG
イメージに合った布を選んで裂き布にし、スリッパを編む…ということもやったりしました。

講座の参加者の方には、毎年(ぬかりなく)ハオへの参加を呼びかけるメールをお送りしているのですが、昨年、まりあむ ばっとさんから、本当に久しぶりにご連絡をいただき、とても嬉しかったのを覚えています^^

昨年の「オリジナル作品の作り方セミナー」にもご参加いただきました。
IMG_2984s.jpg

昨年のセミナーで作った まりあむ ばっとさんのアイデアノート。
ideanote.jpg

ここから作品にまとめるのに大変な苦労があったと思います。
期日までに間に合わず、私の鬼の取り立てに遭いましたが(笑)、完成した作品を拝見したとき、
「あぁ、『翼』だ」
と感動しました。個人的には、参加作品の中で一番テーマの印象を捉えていたように思います。

迷わず表紙の作品に採用^^
24.h1web.jpg
前号を代表する作品になりました。


一生懸命作って、発表する。

「ハオ」ってそれだけです。
そのプロセスにたくさんの気づきがあります。
初心者には初心者の気づき。ベテランにはベテランの気づきがある。
既に作家としてのキャリアが十分な参加作家さんも、そういった新しい気づきを求めて参加されている方が多いように思います。
売れる、有名になれる…は、その作品に対してついてくるもの。
まずは、作る人に一番大切なことに真摯に取り組むこと。
「ハオ」はそんなもの作りの応援をしていきたいと思っています。

まりあむ ばっとさんに「ハオ」での作品づくりについてコメントをいただきましたので、ご紹介します。
=============
★ハオに参加した理由…
2011年にきゆなはれる先生の「あみもの実験室」に参加し、デザインすることに目が開き、自分のデザインした作品を発表する機会として、ハオに参加したいと思っていました。
当時は会社の仕事と育児&家事とで忙殺されており、余裕が無く、参加を見送っていました。そんな中でも編むのは好きで、毎日わずかな時間を見つけては楽しくて編んでいました。
ふと、先の人生について考えてみた時に、好きなことを仕事にしたくなって昨年会社を退職。編み物をはじめとした手作りの作家になることにしたので、作家活動のはじめの一歩として、ようやく参加できました。
自分の作品をプロのカメラマンに撮影してもらいたかったこと、作品展に出品したかったことも理由です。

★ハオに参加して良かったこと…
テーマをいただいて頭の中に浮かんだアイディアを実際の作品にするまでの過程を自分ひとりでなく、セミナーの参加者と意見交換したり、きゆな先生、ハオ編集部松村さんにアドバイスをいただいたりしながら進めて行くのが、デザイン等の経験の浅い私にとっては、刺激的で楽しくありがたかったです。
自分では思いもよらぬ質問をいただいたり、不備を指摘していただいたことが大いに学びとなりました。
撮影前に、合わせる衣装や小物を選んだり、どんな構図にするかを考えたりすることにも参加させていただき、勉強になりました。
また、作品展に参加したことで展覧会の準備や運営などもわかり、今後の活動にいかしたいです。

★ハオで今後やってみたいこと…
連載。テーマ作品とは別に、作品とエッセイの連載をしてみたいです。
=============

「ハオ」では、毎号テーマに合わせた作品を募集しています。
IMG_3749s.jpg
作品はカメラマンが撮影。作品をいい形で記録に残すことができ、ご自身のPR等にご利用いただけます。また、冊子は1000部印刷し、関東を中心に手芸店やギャラリー、カフェなどに設置。たくさんの方にあなたの作品を見ていただけます。

家族ニット表1.jpg
手芸メーカーや、出版社、編集者の方にも献本していますので、お仕事のお声がかかることも^^ 昨年秋には、ハオに参加する作家たちによる初めてのニット作品集「家族みんなのあったかニット」が発行になりました。

IMG_4303s.jpg
また、年末には掲載作品の展覧会も開催。作品の実物を直接お客さまに見ていただけるだけでなく、作品展開催のプロセスの体験は、きっとよい学びになると思います。今年も吉祥寺駅徒歩3分。最高のロケーションの「ギャラリー永谷」さんで開催予定です^^(3000円程度の実費負担が必要です)

あなたも『ハオ』で作品を発表してみませんか?
『ハオ』vol.25参加作家募集中。詳しくはこちらをご覧ください

『ハオ』の参加に興味のある方へ。
5月14日(日)「オリジナル作品の作り方セミナー」受講者募集中!
詳しくはこちらをご覧ください。

※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: