So-net無料ブログ作成
検索選択

本のお仕事をいただきました! [ハオグループ展]

メリークリスマス[クリスマス] ですね!
201512s.jpg
↑こちらは、自宅教室子どもたちと作っていた「おさるサンタ」。

グループ展が無事終わり、もろもろお金の計算も終え(明日、作家の皆さまに振り込みますね!)、日々自宅教室で「おさるサンタ」の講習をしまくり…^^;

プライベートでお世話になったママ友だち用に、編みぐるみのプレゼントも制作。
IMG_2222.JPG
剣道着姿のカエルの編みぐるみ。

IMG_2218.JPGIMG_2217.JPG
作っているうちにはまってしまって、防具から小物まで凝ってしまいました^^;
楽しかった[るんるん]

…と、つかの間のフリータイムを楽しんでいましたら、思いがけないクリスマスプレゼントが舞い込んできました。

なんと、なんと…
一冊まるごと「ハオ」がデザイン&制作を担当するニット作品集のお仕事をいただきました[ぴかぴか(新しい)][演劇]

ブラボー[ぴかぴか(新しい)][演劇]

今年はじめてスタイリスト佐藤かなのいちばんつかえるニット」で一冊の作品集全体の作品制作を「ハオ」の作家たちで担当させていただきましたが、こちらの作品原案はスタイリストの佐藤かなさんによるもの。

「これをステップに、いつか自分たちでデザインから担当できる本が作れたらいいね^^」
作家さんたちと話していた目標が、早くも実現することになりました。

お声をかけてくださったのは、グループ展に来てくださった編集者の方。
実際に作品を見ていただき、直接お話させていただく。実展示の効用を身をもって感じております。

マスでなくていい。
小さくても一つ一つのことを「ハオ」は丁寧にやっていきたいです。
そして、「ハオ」に関わってくださったみんなが笑顔になれることが、私の喜びです。
まだまだ勉強不足でお叱りを受けることもありますが。。。

詳細のお披露目はずっと先になりますが(…というか自分もまだ把握しきれていない^^;)、2016年も「ハオ」にとって飛躍の年になりそうです。

今年お世話になった全ての皆さまへ。そして新しい年に出会う新しい皆さまへ。
1年間ありがとうございました。
2016年もどうぞよろしくお願いいたします。

================================
※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.22
vol.21
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方はこちらをご覧下さい。→

発表する場所を選ぶということ。>トレマーガ展 & December tune [イベントレポート]

グループ展が終わり、やっと日常へ…と言いたいところですが、作家さんへの作品返却や、お客さまからのお問い合わせ対応で、1日がビュービュー過ぎていく師走です。昨日は久々に自宅教室もなく1日フリーな日。朝から、予約してあった人間ドッグへ行ってまいりました。バリウムからマンモまで一通り検査。健康第一です。

午後は、ニット作家の まるちゃんと原宿で待ち合わせ^^ 打ち合わせ以外で作家さんとお出かけするのは久々なのでウキウキして出かけました。

目的地はこちら。
IMG_2050.JPG
ご存知トレマーガ展! まるちゃんの幼稚園時代のママ友が出展しているそうで、今年は一緒に見に来ました。

「これこれ〜!」とにこやかに案内してくれる まるちゃん。
IMG_2046.JPG
どれどれ…え! ママ友のレベル越えてますけど!?
広瀬先生と小須田さんソックリの編みぐるみ。小須田さんが手に持っているのはご実家のダリアですね! すぐわかりました! 

会場は、先日もグループ展にいらしてくださったminamiwaの山口さんはじめ、クロバーさん、ニット作家の今村曜子先生など業界の方でいっぱい。
IMG_2045.JPG

昨日初めてお会いした今村曜子先生は、とってもパワフルでお話の楽しい方でした。Facebookでお友だちになっていただけました。うれしい^^ そしていつでもどこでも「ハオ」の宣伝をする私(笑)
12347885_997064813667940_876778545421071108_n.jpg
活躍されている方は、どなたからも前向きなオーラを感じます。

IMG_2048.JPG
小須田さんと。

40人以上の作家さんが参加されているとは思えないほど、ディスプレイが見やすく、1人1人の方の作品をじっくりと堪能。毎年拝見し、作家さんの作品の進化を感じるのも楽しみのひとつです。継続して発表の場を持つ大切さを、改めて感じました。

IMG_2056.JPG
小さな女の子の編みぐるみチャームを購入(写真右)。昨年も同じ作家さんのクマのブローチ(写真左)を買わせていただきました。毎年1個ずつ集めようかと。

IMG_2055.JPG 
作家さんゴメンなさい! どうしてもブローチにしたくって、帰宅してからブローチピンに付け替えさせていただきました。

トレマーガ展は14日(〜15時)まで。表参道のアートインギャラリーで開催中です。


原宿を後にし、まるちゃんと広尾へ移動。
ハオの作家 阪本あやこさんの展示が開催中とご案内をいただき、行ってまいりました。
IMG_2051.JPG
「阪本さんの展示」という認識のみで出かけたのですが、実際は、ギャラリーとご縁のある28名の作家による絵画、彫刻、コラージュなどの企画展でした。
December tune それぞれのカタチ
ギャラリー工房 親 にて、25日まで

阪本さんの作品タイトルは「stones」。織とフェルトで作った「石」のようなオブジェを壁面に配した作品です。今年の「ハオ」では、ahoj(アーオイ)の名で、同じく織とフェルトのがま口を発表してくださった阪本さん。
額装された油彩と並んで、静かな白い壁に映える青い「stones」。
同じ手法、同じ作家でも、このように展開方法を変えることができる。
誰に向けて発信する作品かによって、発表する場所を選ぶことも大切な要素であることに気づかされ、おおいに刺激を受けました。

「手芸」なのか「アート」なのか。若い頃はその定義にぐるぐる悩んだこともありましたが、どんなジャンルだろうと、実用品だろうと観賞用だろうと、生業にしていようと趣味だろうと関係なく、作り手にとって本当に大切なのは、「自分にしか作れない人の心を動かす作品を作ること」だと、今は思っています。
ただ、どのように見て欲しいか、誰に向けた作品かによって、作品を発表する場所や見せ方は選ぶ必要がある、ということかな。

展示は25日まで。ハンドメイドで「実用品」を作ることに迷われている方に、ぜひご覧になっていただきたい展示です。
阪本さんのお友だちの押鐘まどかさん(↑の今村先生とのツーショットで私が手に持っているのは押鐘さん作のバッグです)のニットとフェルトのショール(iichiに出品されていたのでリンク貼っておきます→)も見応えあり。
個人的には、大好きなペーパークラフトの安座上真紀子さんの作品の実物を初めて見られたのも感激でした。


IMG_2053.JPG
会場では、参加作家の小品の販売もされており、西山晴恵さんの小さな七宝のブローチをいただいてきました。


まったく方向性の異なるふたつの展示を見て、たくさんのことを感じ、そして「ハオ」はどうあるべきかをたくさん考えさせられた1日。
展示の後は、まるちゃんとお茶しながら完全にママ友トーク^^

グループ展明けでガス欠ぎみだったカラダに、たっぷりエネルギーチャージさせていただきました。まるちゃん、ありがとう〜!
明日からまた頑張りま〜す!

================================
※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.22
vol.21
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方はこちらをご覧下さい。→

ハオグループ展 おかげさまで無事終了。 [ハオグループ展]

11月30日〜12月6日まで開催してきましたハオグループ展が無事終了いたしました。

IMG_2027s.jpg
搬出メンバーで記念撮影。今年も1年を、作家さんたちの笑顔で締めくくることができました。

IMG_1897-1.JPG
片付けはあっという間。

去年は、皆でイベントを成し遂げたという達成感で、帰宅してから思わず感涙の私でしたが、2年目の今は、展示の目的が達せられたか、次号に向けて何をしなければいけないのか…。ぐるぐる考えているうちに、体は疲れているはずなのに、どんどん目が冴えてくるのでした^^;

今年もたくさんの方に見に来ていただけました。
メーカーさん、出版社さん、編集者さん…
作家さんのお友だち、ご家族…
「毛糸だま」の告知を見て来られた方は、去年より随分多かった。自分の編まれたものを持ってきて、見せてくださった方もいらっしゃいました。

「次号は『ハオ』に挑戦してみたい」というお声もチラホラ。
準備やお当番の時間を通じて、今年初参加の作家さんとゆっくりお話できたのもよかった。
今回体力的に一番こきつかってしまった初参加の作家さんに、帰り際「よかったら来年も参加してね」と声をかけたら、「もう参加するつもりです。早くお題をください^^」と言ってくれたのが嬉しかった。

物販も好調でありがたかった。
ハオのグループ展は、ギャラリー代は編集部が負担し、DMやディスプレイ資材などの実費は、参加作家さんから最大3,000円の費用負担をお願いして開催しています(今年は15人参加だったから、経費予算45,000円でやりくりしてきました)。編集部が負担するギャラリー代は、作家の物販売上からマージンをいただくことでペイする仕組み。
昨年も展示単体でブレークイーブンとなる目標売上を無事達成できたのですが、今年はさらに売上が7万円もアップ! 驚きです!
高級感のあるディスプレイが功を奏したこともあるだろうし、多少景気が上向いてきているのかもしれない。あと、2回目ということで「ハオ展のファン」…というのかな? 楽しみにして来てくださったお客さまがたくさんいらしたのも実感することができました。「忍さんのも何か買ってあげたいわ」「一緒にカフェでお茶しない?」など、お客さまに言っていただくのは初めての経験でした。
あと作家さんの物販の出品の仕方も、「手に取りやすい安価なもの」と「力の入った値の張るもの」をうまく組み合わせていたり、昨年を受けての工夫が見られたこともよかったのかな…と感じてます。
ホントにひとつひとつが勉強です。


最終日最後のお客さまは、私たちにとって一番のご褒美!
IMG_2025s.jpg
林ことみ先生 ご来場!

搬出に集まったメンバーは、カフェで懇親会中。たまたま私しかギャラリーにいなくて…。
「は、励みになりますので、ぜひ、参加作家たちに一言お言葉を!」
お願いしたのですが、いえいえそんなつもりじゃ…と爽やかに去っていかれた林先生。
しっかりワンコインサポートはいただく私(汗)

先生が帰られてから、カフェの皆のもとに走って、
「い、今来られたの、林ことみ先生よっ!」と告げると、皆からは一斉に悲鳴が[ぴかぴか(新しい)][揺れるハート][ぴかぴか(新しい)]
「サイン欲しかった〜[もうやだ~(悲しい顔)]」など、見逃したことを悔やむ声が上がりました。
林先生に作品を見ていただけるなんて…、しみじみ感動。
どなたに見ていただいても恥ずかしくない作品作りができるよう、ますます精進せねば!と誓ったのでした。

年内にグループ展の精算作業をしたら、「ハオ」の今年の活動は一旦終了。
まだまだ頭がまとまらないけれど、これからも進化し深化し続ける「ハオ」でありたいと思います。

寒い中ご来場くださった全ての皆さまに感謝いたします。
ありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ハオ編集部 松村忍

================================
※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.22
vol.21
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方はこちらをご覧下さい。→

本日最終日。5時まで!>ハオグループ展 [ハオグループ展]

開催中のハオグループ展も、本日で最終日。
土曜日の昨日は、朝からお客さんで大にぎわいの会場となりました。
IMG_2011s.jpg
人形作家 佐野純子さんのお友だちがギッシリ^^

ak.jpg
「スタイリスト佐藤かなのいちばん使えるニット」でお世話になった編集者のYさん。なんと本に掲載のモヘアのプルオーバーと、スマホケースを編んで、身につけてきてくださいました! お忙しいのにすごいです! 感動。

IMG_2013s.jpg
vol.23でモデルをつとめてくれた早織さんもご来場。ロミロミのサロンを経営する早織さん。「フラガールの人形作ってください〜」の言葉に、私も佐野さんも創作意欲を刺激されまくり。次号のヒントいただけたかも?

昨日はクラフト系のイベントが多数開催され、ハシゴで回られる方が多かったようで、その後も、ニットマルシェの編集長、メルヘンアートのFさま(お会いできずすみません!)などなど、お仕事関係の方も多数ご来場いただきました。

IMG_2014s.jpg
日が落ちてくると、ギャラリーの前でなぜかハンドベルの演奏会が始まり、一気にクリスマスムードに!

IMG_2018s.jpg
minamiwaの山口さんも来てくださいました。お約束のツーショット写真をぱちり。

yoru.jpg
昨日は、初めて夜までお店番に入ったので、日が落ちてからの会場を外から見るのは初めて。点滅する電飾の光が、この季節にぴったりで、とてもいい感じでした(写真だと、点滅で半分消えているみたいに見えるのが残念)^^

IMG_2023s.jpg
やわらかい光に誘われて、中をのぞきこむお客さまも^^
本当に幅広い方に見ていただけているのを実感しています。

展示はいよいよ本日最終日。今日は17時までとなります。
私たちの1年の集大成を、ぜひ見にいらしてください。そして次は、あなたも「ハオ」に参加してくださいね。
今日も11時より、ギャラリーでお待ちしております。

================================
★グループ展開催中です <12/6(日)17時まで!>
webイメージ.jpg
ミニコミ誌『ハオ』作品展2015
小さな本の中の小さなギャラリー
『ハオ』が誌面から飛び出し、東京三鷹市のギャラリーで作品展を開催します。9人の作家が「星」をテーマに制作したウェアや小物をはじめ、本誌に掲載の作品を展示いたします。オリジナルの作品作りに興味がある方にぜひご覧いただきたい作品展、ぜひ足をお運びください。クリスマスプレゼントにぴったりな冬小物の販売もあります。
<日時>
2015年11月30日(月)~12月6日(日)
11時~22時(最終日17時まで) ※12月1日(火)定休日
<会場>
カフェハイファミリア
東京都三鷹市下連雀3-38-4 三鷹産業プラザ1F
http://www.hi-famiglia.com

================================
※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.22
vol.21
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方はこちらをご覧下さい。→

こんなところも見てください>ハオグループ展4日目 [ハオグループ展]

今年のグループ展はお天気に恵まれています。参加作家さんに晴れ女がいるにちがいない^^

グループ展4日目のスタートは、またしてもサプライズ。
IMG_1894s.jpg
「か、金竹さ〜ん!」

参加作家のお一人、織作家の「おり絵さん写真右)」が、生徒さんたちと会場に来てくれました。
おり絵さんはご主人の定年を機に、明後日岐阜にお引越し予定。さすがに今年は会場を見ていただけないと思っていたので、とても嬉しかったです! 
しかも生徒さんも福岡からわざわざいらしたとか! おり絵さんは、インターネットで織教室をされているので(←それがすごい)、生徒さんが全国にいらっしゃるのです。手芸が大好きな方とのマニアックな手作り談義に花が咲きました。


さてさて、今回のグループ展は『ハオvol.23』の誌面に掲載の作品を展示しています。
作品の実物を見ていただきたいのはもちろんですが、ぜひ冊子と見比べて、印刷物と実展示の違いも見ていただけるとうれしいです。
DSC_2765s.jpgPhoto / Kazuki Tachibana
今回初参加、刺しゅう作家の きょう之助さんの作品。ビーズをびっしり刺したブローチ&イヤリング。微妙な色の違いが、キラキラ感をアップさせています。
誌面掲載用に撮影したときは、「スイーツっぽく見せたい」とシルバーのトレイをお持ちいただき、トレイに盛り合わせたキャンディのようなスタイリングにいたしました。

でもいざ会場で展示となると、トレイに盛り付けた小さな作品は、ウェアなどの大きな作品と一緒だと埋もれてしまいそう。

壁を使って展示できないか、きょう之助さんに改めて考えていただき、できたのがこちら!
IMG_1973s.jpg
すっごく素敵! イラストレーターでもある きょう之助さん。刺しゅう枠を額に見立てて、得意のイラストを、金で線刺ししました。この路線で作品を作りためたら、個展ができそう!

実展示にあたって、それぞれの作家の演出の工夫もぜひご覧になってくださいね^^
きょう之助さんのブローチやイヤリングは、展示とお揃いのものを即売もしております。

本日も11時から。松村は終日会場におりますので、ぜひお声をかけてくださいね!
今日もギャラリーでお待ちしております。

================================
★グループ展開催中です <12/6(日)17時まで!>
webイメージ.jpg
ミニコミ誌『ハオ』作品展2015
小さな本の中の小さなギャラリー
『ハオ』が誌面から飛び出し、東京都三鷹市のギャラリーで作品展を開催します。9人の作家が「星」をテーマに制作したウェアや小物をはじめ、本誌に掲載の作品を展示いたします。オリジナルの作品作りに興味がある方にぜひご覧いただきたい作品展、ぜひ足をお運びください。クリスマスプレゼントにぴったりな冬小物の販売もあります。
<日時>
2015年11月30日(月)~12月6日(日)
11時~22時(最終日17時まで) ※12月1日(火)定休日
<会場>
カフェハイファミリア
東京都三鷹市下連雀3-38-4 三鷹産業プラザ1F
http://www.hi-famiglia.com

================================
※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.22
vol.21
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方はこちらをご覧下さい。→

取材を受けました>ハオグループ展3日目 [ハオグループ展]

冷たい雨の朝となりましたが、オープンの11時ごろにはお天気もだいぶ回復した木曜日。
グループ展3日目もいろいろな出会いがありました。
IMG_2000s.jpg
ギャラリー外観。
会場となるカフェハイファミリアは、その名のとおりカフェが経営するギャラリーです。

IMG_1999s.jpg
もちろんカフェ利用なしでも、ギャラリーをご覧いただけます^^ お昼時には順番待ちになるほど人気のカフェ。待っている間に、作品を見てくださる方も多いです。

グループ展の目的のひとつが、「新しい方との出会い」。隠れ家的ギャラリーで、お友だちしか来ない展示会ではなく、「ハオ」を知らない方にこそ見ていただきたい。私たちの作品を見て、直接話を聞いて、今度は「ハオ」に参加してもらいたい。そうやってオリジナルのもの作りをする人の輪を広げていきたいな。

「今度は三鷹じゃなくて、銀座でやりなさいよ!」
そんなアドバイスもいただくのですが^^; 、今のところこの会場は理想の環境です^^

IMG_1990s.jpg
「夜空のマルシェ」をイメージして作った会場。こちらはカラフル小物の物販コーナー。

IMG_1991s.jpg
織作家 弘茂昭子さんの和綿を紡ぐキット。あっという間に完売して、昨日追加を入れました。
和綿の種と、和綿のサンプル手作りのスピンドルが入っています。
弘茂さんは、輸入物の綿に押されがちな和綿を、もっと広げていきたいと活動中^^

IMG_1993s.jpg
和綿の育て方と、和綿の紡ぎ方を説明したミニ冊子が2冊入ってます。

IMG_1994s.jpg
パソコンが使えないから、やむなく手描きで作った」そうですが、いや、この方がめちゃめちゃかわいいでしょ! サンプル用に送ってもらったスピンドルで、本を見ながらちょっと試してみたら、私でもちゃんと紡げました^^ 内容もバッチリです! 1,500円。残り3つです^^


午前中は、朝、雨だったこともあり、お客さま少なめでしたが、見覚えのあるお顔のご婦人が入っていらして…。
なんとなんと、去年の展示で佐野さんの布人形を買ってくださったお客さまが、わざわざ横浜からいらしてくださいました!
「1年に1回でしょ、楽しみにして来ました^^」とのこと。嬉しすぎます。
「お人形はどこ?」と早速、佐野さんのお人形を探して…
doll.jpg
KAOさんの帽子屋さんの看板娘のお人形^^
今年も横浜のお客さまのコレクションに加わることになりました。

継続すると、こんなステキなこともあるんですね。
本当にうれしかったです。


午後は、初日に置き去りにしてしまった業界紙の方が、改めて取材に来てくださいました。
IMG_2002s.JPG
洋装産業新聞の森野さま。
年末か年明けの号で記事にしていただけるそうです。「新聞」は事前の原稿チェックがないので、ドキドキ。男性の視点で、私たちの活動がどのように映ったか…。記事が出ましたら、こちらでもご紹介したいと思います。
取材が入るということで、ちょっと早めにお当番に来てくれた まるちゃんもありがとう!

さらに、vol.17でクロバーさんの出版社説明会を取材させていただいた時に、名刺交換させていただいたフリー編集者さんが来てくださり(6年半ぶり)。現在のハオの活動や、今年出版された「スタイリスト佐藤かなのいちばん使えるニット」のお話もさせていただき…。また新たな展開につながる予感も[ぴかぴか(新しい)]

リアル展示の面白さと、継続のメリット、運営の難しさを日々体感しているワタクシです。

本日も11時オープン。会場でお待ちしております!

================================
★グループ展開催中です <12/6(日)17時まで!>
webイメージ.jpg
ミニコミ誌『ハオ』作品展2015
小さな本の中の小さなギャラリー
『ハオ』が誌面から飛び出し、東京都三鷹市のギャラリーで作品展を開催します。9人の作家が「星」をテーマに制作したウェアや小物をはじめ、本誌に掲載の作品を展示いたします。オリジナルの作品作りに興味がある方にぜひご覧いただきたい作品展、ぜひ足をお運びください。クリスマスプレゼントにぴったりな冬小物の販売もあります。
<日時>
2015年11月30日(月)~12月6日(日)
11時~22時(最終日17時まで) ※12月1日(火)定休日
<会場>
カフェハイファミリア
東京都三鷹市下連雀3-38-4 三鷹産業プラザ1F
http://www.hi-famiglia.com

================================
※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.22
vol.21
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方はこちらをご覧下さい。→

お客さま単価が高いかも…?>ハオグループ展2日目 [ハオグループ展]

1日定休日をはさんで、グループ展2日目も無事終了です。

IMG_1965s.jpg
「ハオ」バックナンバーと関連書籍のコーナー。上の段の右側にある青い表紙の「ハオ」が1999年の創刊号。すべてはここから始まりました^^ 16年後に参加作家さんたちとグループ展を開くなんて、当時の自分は思ってもいなかったなぁ。。。

朝イチのお客さまは、なんとイラストレーターの宇田川一美さん!
一昨年、私と「ハオ」作家さんとで監修した「棒針編み困ったときに開く本」(下の段のピンクの表紙の本です^^)のイラストを担当してくださった方です^^ 「困ったとき」の制作中は妊婦さんだった宇田川さん。かわいい2歳のお子さんも一緒にいらしてくださって、時の流れにしみじみ(笑)

お昼ごろ、「どうも〜[るんるん]」とギャラリーに入ってきた人の顔を見てびっくり!
IMG_1890.JPG
「い!飯澤さ〜ん!」
参加作家のお一人、岩手在住の飯澤ゆりさん(写真右)がひょっこり。
今年はお仕事が忙しく出てこれないと伺っていたのですが、東京でのお仕事の合間に顔を見せてくれました。お当番の帽子作家KAOさん(写真左)とご歓談。こちらのお二人、「ハオ」を見てお問い合わせくださった柏のNHKカルチャーで講座を持つ同僚同士^^ 
「ハオ」は、手芸出版社やギャラリー、大手のカルチャー教室にも献本しているので、ときどき「作家さんを紹介してほしい」とご指名でお問い合わせいただくこともあります。
「ハオ」が作家さんの新しい活動のきっかけになれて、とても嬉しい。
お互いのお仕事の話を情報交換するお二人を見て、そう思いました。

IMG_1967s.jpg
昨日は、KAOさんの「当たり日」だったかも。
ウィンドウに面してディスプレイしたKAOさんの帽子にひかれ、お客さまがたくさん入って来られて…。
ご近所の上品なご婦人が、きれいなブルーのヘアバンドを買ってくださったのですが、早速身につけて歩いているところを、お当番に出勤中のKAOさんが見かけたそう。わ!そういうの嬉しいな^^

IMG_1891.JPG
カメラマンTくんのお仕事仲間、デザイナーのGさんも来てくださって大盛り上がり^^
KAOさんの帽子を気に入って、ニットキャップとつば付きの帽子とどちらにするか、すごーく迷われてて。一旦カフェでクールダウンして再度戻って来られたところに、お当番KAOさん登場。被り方アドバイスやアレンジの仕方、やはり作家本人の接客はさすがです^^ 結局、2つともお買い上げいただきました〜。Gさんありがとう〜! どちらもすごく似合ってました!


ここで「あれ?」と。
まだ2日目のお昼の段階でしたが、なんかお客さまのお買い上げ単価が去年より高い気がするな…と。
去年は実は1万円以上の作品は売れなかったんです。展示を見るついでにお土産を求める感覚でお買い物をされるお客さまが多い…と感じていたので、「そういうものなのかな」と思っていたのですが、今年は1万円以上の物販品がすでにいくつか売れている。。。

「ディスプレイのせいもあるんじゃないですかね?」と飯澤さん。
「今年はハンガーラックを置いてないせいか、モノが全体的に高級に見える」と。

う〜ん! 深いな、ディスプレイ!
今年もいろいろな気づきと学びがありそうです。内輪ネタばかりでスミマセン[あせあせ(飛び散る汗)]

本日も11時よりオープンいたします。
ぐっと冷え込みそうですが、参加作家さんたちの冬小物を身につければポカポカですよ^^
今日もギャラリーでお待ちしております!

================================
★グループ展開催中です <12/6(日)17時まで!>
webイメージ.jpg
ミニコミ誌『ハオ』作品展2015
小さな本の中の小さなギャラリー
『ハオ』が誌面から飛び出し、東京都三鷹市のギャラリーで作品展を開催します。9人の作家が「星」をテーマに制作したウェアや小物をはじめ、本誌に掲載の作品を展示いたします。オリジナルの作品作りに興味がある方にぜひご覧いただきたい作品展、ぜひ足をお運びください。クリスマスプレゼントにぴったりな冬小物の販売もあります。
<日時>
2015年11月30日(月)~12月6日(日)
11時~22時(最終日17時まで) ※12月1日(火)定休日
<会場>
カフェハイファミリア
東京都三鷹市下連雀3-38-4 三鷹産業プラザ1F
http://www.hi-famiglia.com

================================
※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.22
vol.21
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方はこちらをご覧下さい。→

目指せ、水木しげる>ハオグループ展スタートしました! [ハオグループ展]

師走です。
無事、グループ展初日を終えた「ハオ」にも新しい朝が来ました(朝ドラ風に^^ 今朝もBSと総合で既に2回見ちゃいました。はまってます)。

今日は、カフェの定休日でギャラリーもお休み。お出かけ予定の方はご注意ください。

昨日は、さすがに疲れて10時ごろに顔も洗わず気絶。気づいたら朝でした(汗)。
なんか、体じゅうが痛い。。。
よし!とばかりに、息子が学校に出かけてから、お風呂にお湯ためて入っちゃいました。
湯船で新聞を読みながら、ぼーーーー[いい気分(温泉)]


昨日はお天気にも恵まれ、さわやかな初日を迎えました。
IMG_1970s.jpg
ギャラリー外観。
窓にくっついているモノは外からよく見える(稚拙な表現;汗)ことに気づき、ウィンドウにポスターを貼りました。ちょっとずつ学んでます。鹿嶋さんと佐野さんに作ってもらったガーランドも目立ってます。作ってよかった!

IMG_1961s.jpg
ギャラリーに入ると、まるちゃんの赤いニットがお出迎え。会場づくりのテーマは「夜空のマルシェ」。奥にはあったか小物のお店(物販)が並びます。

IMG_1969s.jpg
会場の中央には、星の街の住人たち。星をテーマにしたニットをぜひご堪能ください。

IMG_1979s.jpg
正面には、表紙を飾った◆ YOoco + Labo ◆さんのフェルトのウサギ。この展示のビジュアルシンボルです。「御神体」と心の中で呼んでます^^

IMG_1959s.jpg
朝イチで、織作家の弘茂昭子さんがお当番に入ってくれました。お仕事中。

まるちゃんも顔を出してくれたところに、偶然お友だちが来られたりして、賑やかなスタートとなりました。弘茂さんが物販用に用意した和綿を紡ぐキットが、あっという間に残り1個になり、急いで追加を送っていただくことに。やっぱり「作家が在廊すると作品が売れる」の法則に間違いはなかった!

弘茂さんは、ずっと関西や海外在住で直接会うことは少なかったのですが、きゆな先生の生徒として20代の頃からのお付き合い。若い頃はいろいろ悩んだり、肩に力が入っていたけれど、40代になってちょっと楽になってきた気がするね…、なんて話をしておりました。

評価されることがすべてではないけれど、結局、笑顔で楽しく活動を続けているところに、人や仕事やお金も集まってくる気がする。

それでも悩みながら、細々とでも手を動かし続けた時間があるから、今があるわけで…。

子どもがいて、家でミニコミを発行することしかできなかった自分が、去年から外で毎年展示会を開こうと思えるようになった。弘茂さんが、子どもに鍵を渡して、お当番に出てこれるようになった。

それまでは自分を大きくする時間。心も体も、そうやって肩の荷をおろして身軽になったところに、新しいものが入ってくるのかな…。その時のために、少しずつでも自分の器を大きくしておくことが大切なのかな…なんて。


午後には、入れ替わりにニット作家の着樂さんがお当番に。ちょうど東京のクロバーさんがいらしたので、ご紹介。着樂さんにも展示会などのご案内をくださるそう。ご縁がつながりますように。

さらに、業界紙の方が見にきてくださった(一応、プレスリリース送ってました)のに、午後は自宅教室があるので、まさかのタイムアップ。マスコミの方を置き去りにして、走って帰宅。。。
これからお詫びの電話します。。。


湯船の中で読んでいた新聞には、水木しげるさんの訃報の記事が。
同じ調布市在住なので、私が朝ドラにはまり始めたのも「ゲゲゲの女房」がきっかけで^^;

水木さんのように、自分の信じるものをずっと作り続けたいな。それが世の中の人の心を動かすものでありたい。…で、死んだ時にお昼のニュースで訃報が流れる。私の野望です(意外と目指すものは大きい;笑) 目指せ、水木しげる[手(グー)]

ハオグループ展は、明日11時から。6日(日)17時まで。
参加作家たちのオリジナル作品を、ぜひご覧くださいませ。


================================
★グループ展開催中です <12/6(日)17時まで!>
webイメージ.jpg
ミニコミ誌『ハオ』作品展2015
小さな本の中の小さなギャラリー
『ハオ』が誌面から飛び出し、東京都三鷹市のギャラリーで作品展を開催します。9人の作家が「星」をテーマに制作したウェアや小物をはじめ、本誌に掲載の作品を展示いたします。オリジナルの作品作りに興味がある方にぜひご覧いただきたい作品展、ぜひ足をお運びください。クリスマスプレゼントにぴったりな冬小物の販売もあります。
<日時>
2015年11月30日(月)~12月6日(日)
11時~22時(最終日17時まで) ※12月1日(火)定休日
<会場>
カフェハイファミリア
東京都三鷹市下連雀3-38-4 三鷹産業プラザ1F
http://www.hi-famiglia.com

================================
※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.22
vol.21
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方はこちらをご覧下さい。→