So-net無料ブログ作成

松村さん、フラワーデザインを習う 2 [ものづくりの部屋から]

「ハオ」vol.25(2017年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31

==========================
「オリジナル作品の作り方セミナー」受講者募集中です!>5/14(日)
詳細は↓をごらんください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-04-07

***********************

ひょんなことからフラワーデザインを習うことになった私。

実は、私の実母がお花大好きな人なんです。趣味が高じてフラワーアレンジのお免状を取ったり、地元で花づくりの講習を開いたりしています。実家の周りも家の中もお花や造花でいっぱい…(汗) まぁ、ありがちですが、そういう周囲を省みない系の母親への反発心から、「お花」というものをずっと敬遠していた私です(今では、私の「ハオ」の活動が「お母さんそっくり」と家族に言われてます;汗)。

そんなノー経験の私が、訳もわからず出かけたお花のレッスン。
生徒さんは、私ともう一人Mさんだけ。

初回の課題は「ドライフラワーの花束を作る」でした。
目の前に大量のドライフラワーをドカッと出されて…。

ものづくりのヒントが欲しくて、出かけた私。
「げーっ、花束か…」
というのが正直な感想でした(先生、ごめんなさい!)。

しかし、仕方ないので花束作りにいそしみます。

ドライの花束というのは「矯められない(←この言葉、日常で初めて使った)」、つまり曲げたりして形を作ることができないので、生のお花より難しいらしい。

しかも「花材は全部使うこと」というのが条件です。

IMG_2651s.jpg
先生は15分ほどで花束を作ってしまいました…

Mさんも30分ほどで完成。
聞けば、石原先生の所属するお花の団体のお免状をお持ちで、お花やさんで働いていたこともあるとか。
…みんなプロなんですね。

私はというと、何をどうしていいかわからなくて、持っては崩し持っては崩し…。
花材を全部使えと言われたけれど、配られた花材の中に入っているオオムギ(ホウキみたいに上に伸びているやつ)がどうしても好きになれなくて…。オオムギの頭だけ束ねて大きなお花みたいにしたら、かわいいかな…って思って、最初にオオムギの頭を全部ハサミで切ってしまったんです(汗)
そうしたら花束にボリュームが出なくなってしまった(泣)

自分が思い描いている形にならないのは、素材の特性を理解していないから。
と先生。うう、これは編み物に置き換えるとグサッとくる言葉です。

その後はラッピング。これもお花やさんの花を保護するためのものではなく、フラワーデザインの一部。
どこに飾るか、どのように飾るかを頭において作りなさい、と。

そんなこんなで3時間かけて作った花束がこちら。
IMG_2650s.jpg
ひょろ〜(汗) 松村さんは必ずラッピングに毛糸を使うこと!というご指定だったので、持参した毛糸でタッセルを作ってつけましたが。。。うーん。敗北感。。。

さらに先生からはこんな宿題が、
今日作った花束を、家でもう一回バラして組み直して、写真に撮って送りなさいと。ひー。
その際に「何をしようとしてこうなったのかを、きちんと説明できるように」と。

はい。
IMG_4845.JPG
バラしてやりました。

しかし、ここらへんからだんだん面白くなってきました。
やっぱり復習って大事だな。。。
IMG_4847.JPG
自宅では壁に掛けて飾ることしかできないので、壁掛けタイプの花束に。
お花を下向きにするとタッセルでは合わないので、スラブヤーンを房にして持ち手につけました。

まだメチャクチャですが、最初よりはまともになったかなぁ。

なにより、知識がない分、もの作りに対する大切なワードがシンプルに頭に入ってきます。
画像を先生にメールで送ったら、またためになるお話をたくさんいただけて…。

これは14日の「オリジナル作品の作り方セミナー」でもお話したいと思います。

こちらのレッスンは月に1度。今年の私のもの作りの「冒険」のひとつです。
異なる分野から刺激をいただいて、自分の作品がもう一段成長できるように。
「自分を超える」
今年のマイテーマ^^

頑張ります

=============
「ハオ」vol.25(2017年10月発行予定)参加作家募集中!

「ハオ」では、毎号テーマに合わせた作品を募集しています。
IMG_3749s.jpg
作品はカメラマンが撮影。作品をいい形で記録に残すことができ、ご自身のPR等にご利用いただけます。また、冊子は1000部印刷し、関東を中心に手芸店やギャラリー、カフェなどに設置。たくさんの方にあなたの作品を見ていただけます。

家族ニット表1.jpg
手芸メーカーや、出版社、編集者の方にも献本していますので、お仕事のお声がかかることも^^ 昨年秋には、ハオに参加する作家たちによる初めてのニット作品集「家族みんなのあったかニット」が発行になりました。

IMG_4303s.jpg
また、年末には掲載作品の展覧会も開催。作品の実物を直接お客さまに見ていただけるだけでなく、作品展開催のプロセスの体験は、きっとよい学びになると思います。今年も吉祥寺駅徒歩3分。最高のロケーションの「ギャラリー永谷」さんで開催予定です^^(3000円程度の実費負担が必要です)

あなたも『ハオ』で作品を発表してみませんか?
『ハオ』vol.25参加作家募集中。詳しくはこちらをご覧ください

『ハオ』の参加に興味のある方へ。
5月14日(日)「オリジナル作品の作り方セミナー」受講者募集中!
詳しくはこちらをご覧ください。

※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

松村さん、フラワーデザインを習う(汗) [ものづくりの部屋から]

「ハオ」vol.25(2017年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31

==========================
「オリジナル作品の作り方セミナー」受講者募集中です!>5/14(日)
詳細は↓をごらんください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-04-07

***********************

「今回のハオは、ちょっと無難な感じ?」

日々にまぎれて、経験からの慣れで…ものづくりがなんとなく無難になっていないか?
前号のvol.24に対して、尊敬する先輩作家さんからそう言われてから、それをどうやって超えていけばよいのかを、ずっと考えている私です。


先週、フラワーデザイナーの石原理子先生の個展にでかけました。会場で、vol.19で取材させていただいたコラージュ作家のgrand geteさんとバッタリ!
18009752_741240602701892_784466828_n.jpg
石原先生とはgrand geteさんつながりで知り合い、ものづくりの姿勢に感銘を受けて、個展やワークショップなどに度々伺っています。
一方、石原先生も以前から きゆな先生の大ファンだったそうで、私がきゆな先生の生徒だと知り、「ハオ」を応援してくださるだけでなく、気づけば、ヴォーグ学園のきゆな先生の教室に通い始め、今は月に何度か稲村ガ崎に通っているらしい…。この春からきゆな先生から絵を習うのだとか!

不思議なご縁になっています[たらーっ(汗)]

そして

「今回のハオは、ちょっと無難な感じ?」

そう言われたご本人が…こちらの石原先生。。。なのです。


「私、春から表参道で教えることになったのよ」と石原先生。

「え? 私、習いたいです!」と即答の私。


とにかく今のモヤモヤのヒントを得たい。
なにか見えないものの答えを求めて、急遽、全く未経験のフラワーデザインの教室に飛び込んだワタクシ。
お花のプロに交じって、ど素人の私が一人…。
怒涛のレッスンの様子は、また後日お伝えします。。。(汗)


=============
「ハオ」vol.25(2017年10月発行予定)参加作家募集中!

「ハオ」では、毎号テーマに合わせた作品を募集しています。
IMG_3749s.jpg
作品はカメラマンが撮影。作品をいい形で記録に残すことができ、ご自身のPR等にご利用いただけます。また、冊子は1000部印刷し、関東を中心に手芸店やギャラリー、カフェなどに設置。たくさんの方にあなたの作品を見ていただけます。

家族ニット表1.jpg
手芸メーカーや、出版社、編集者の方にも献本していますので、お仕事のお声がかかることも^^ 昨年秋には、ハオに参加する作家たちによる初めてのニット作品集「家族みんなのあったかニット」が発行になりました。

IMG_4303s.jpg
また、年末には掲載作品の展覧会も開催。作品の実物を直接お客さまに見ていただけるだけでなく、作品展開催のプロセスの体験は、きっとよい学びになると思います。今年も吉祥寺駅徒歩3分。最高のロケーションの「ギャラリー永谷」さんで開催予定です^^(3000円程度の実費負担が必要です)

あなたも『ハオ』で作品を発表してみませんか?
『ハオ』vol.25参加作家募集中。詳しくはこちらをご覧ください

『ハオ』の参加に興味のある方へ。
5月14日(日)「オリジナル作品の作り方セミナー」受講者募集中!
詳しくはこちらをご覧ください。

※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

vol.24掲載作品より(まりあむ ばっとさん) [作家紹介]

「ハオ」vol.25(2017年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31

==========================
「オリジナル作品の作り方セミナー」受講者募集中です!>5/14(日)
詳細は↓をごらんください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-04-07

***********************

あっという間に4月も後半ですね。
今年の『ハオ』vol.25の募集テーマは「冒険」

『ハオ』はニット、ソーイング、クラフトなどの分野でオリジナル作品を作られる方なら、どなたでも参加できる誌上ギャラリーです。

あなたも「ハオ」で作品を発表してみませんか?

「どんな作品が掲載されているの?」「参加している作家さんはどんな人?」
そんな声におこたえできたら…と、前号vol.24にご参加いただいた作家さんの作品をご紹介させていただきます。

**********************
本日ご紹介するのは、まりあむ ばっとさん。
昨年初めて「ハオ」に参加してくださいました。

昨年のテーマは「翼」。
DSC_3240s.jpg写真>Kazuki Tachibana
<作品タイトル>
ペガサスの翼
朝もやの森の中を駆け抜け、そして天空へ向かってはばたくペガサス。
その翼の力強さ、美しき羽根の揺らぎ。そして舞い落ちる朝露のきらめき。
(hao vol.24より)


まりあむ ばっとさんとの出会いは、数年前にきゆな先生のアトリエで開催した「あみもの実験室」にご参加いただいたのがはじめでした。今思えば「オリジナル作品の作り方セミナー」の前身にあたる講座だったのですが、オリジナル作品を作るための発想法を初心者の方でも取り組めるよう簡単な作品を作りながら学ぶ講座でした。

↓当時の写真
IMG_3468.JPG
イメージに合った布を選んで裂き布にし、スリッパを編む…ということもやったりしました。

講座の参加者の方には、毎年(ぬかりなく)ハオへの参加を呼びかけるメールをお送りしているのですが、昨年、まりあむ ばっとさんから、本当に久しぶりにご連絡をいただき、とても嬉しかったのを覚えています^^

昨年の「オリジナル作品の作り方セミナー」にもご参加いただきました。
IMG_2984s.jpg

昨年のセミナーで作った まりあむ ばっとさんのアイデアノート。
ideanote.jpg

ここから作品にまとめるのに大変な苦労があったと思います。
期日までに間に合わず、私の鬼の取り立てに遭いましたが(笑)、完成した作品を拝見したとき、
「あぁ、『翼』だ」
と感動しました。個人的には、参加作品の中で一番テーマの印象を捉えていたように思います。

迷わず表紙の作品に採用^^
24.h1web.jpg
前号を代表する作品になりました。


一生懸命作って、発表する。

「ハオ」ってそれだけです。
そのプロセスにたくさんの気づきがあります。
初心者には初心者の気づき。ベテランにはベテランの気づきがある。
既に作家としてのキャリアが十分な参加作家さんも、そういった新しい気づきを求めて参加されている方が多いように思います。
売れる、有名になれる…は、その作品に対してついてくるもの。
まずは、作る人に一番大切なことに真摯に取り組むこと。
「ハオ」はそんなもの作りの応援をしていきたいと思っています。

まりあむ ばっとさんに「ハオ」での作品づくりについてコメントをいただきましたので、ご紹介します。
=============
★ハオに参加した理由…
2011年にきゆなはれる先生の「あみもの実験室」に参加し、デザインすることに目が開き、自分のデザインした作品を発表する機会として、ハオに参加したいと思っていました。
当時は会社の仕事と育児&家事とで忙殺されており、余裕が無く、参加を見送っていました。そんな中でも編むのは好きで、毎日わずかな時間を見つけては楽しくて編んでいました。
ふと、先の人生について考えてみた時に、好きなことを仕事にしたくなって昨年会社を退職。編み物をはじめとした手作りの作家になることにしたので、作家活動のはじめの一歩として、ようやく参加できました。
自分の作品をプロのカメラマンに撮影してもらいたかったこと、作品展に出品したかったことも理由です。

★ハオに参加して良かったこと…
テーマをいただいて頭の中に浮かんだアイディアを実際の作品にするまでの過程を自分ひとりでなく、セミナーの参加者と意見交換したり、きゆな先生、ハオ編集部松村さんにアドバイスをいただいたりしながら進めて行くのが、デザイン等の経験の浅い私にとっては、刺激的で楽しくありがたかったです。
自分では思いもよらぬ質問をいただいたり、不備を指摘していただいたことが大いに学びとなりました。
撮影前に、合わせる衣装や小物を選んだり、どんな構図にするかを考えたりすることにも参加させていただき、勉強になりました。
また、作品展に参加したことで展覧会の準備や運営などもわかり、今後の活動にいかしたいです。

★ハオで今後やってみたいこと…
連載。テーマ作品とは別に、作品とエッセイの連載をしてみたいです。
=============

「ハオ」では、毎号テーマに合わせた作品を募集しています。
IMG_3749s.jpg
作品はカメラマンが撮影。作品をいい形で記録に残すことができ、ご自身のPR等にご利用いただけます。また、冊子は1000部印刷し、関東を中心に手芸店やギャラリー、カフェなどに設置。たくさんの方にあなたの作品を見ていただけます。

家族ニット表1.jpg
手芸メーカーや、出版社、編集者の方にも献本していますので、お仕事のお声がかかることも^^ 昨年秋には、ハオに参加する作家たちによる初めてのニット作品集「家族みんなのあったかニット」が発行になりました。

IMG_4303s.jpg
また、年末には掲載作品の展覧会も開催。作品の実物を直接お客さまに見ていただけるだけでなく、作品展開催のプロセスの体験は、きっとよい学びになると思います。今年も吉祥寺駅徒歩3分。最高のロケーションの「ギャラリー永谷」さんで開催予定です^^(3000円程度の実費負担が必要です)

あなたも『ハオ』で作品を発表してみませんか?
『ハオ』vol.25参加作家募集中。詳しくはこちらをご覧ください

『ハオ』の参加に興味のある方へ。
5月14日(日)「オリジナル作品の作り方セミナー」受講者募集中!
詳しくはこちらをご覧ください。

※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

小金井サン・ジョルディ!@質屋坂 [イベントレポート]

「ハオ」vol.25(2017年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31

==========================
「オリジナル作品の作り方セミナー」受講者募集中です!>5/14(日)
詳細は↓をごらんください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-04-07

==========================

土曜日の雨もあがって、日曜日はよいお天気でしたね。

お友だちのフェイスブックを見ていると、あちこちで様々なイベントが開催されていたようです。

実は4月23日は、サン・ジョルディの日と呼ばれる「本の日」。スペイン・カタルーニャでは、親しい人に本と花を贈る記念日とされています。

先日、「ハオ」を設置していただいた手芸カフェ まにあ〜なさんのある小金井市でも『小金井サン・ジョルディ!@質屋坂』というイベントが開催され、まにあ〜なさんも参加されるというので、ぜひイベントで「ハオ」をご紹介ください!とお願いし、冊子を追加で送らせていただいておりました。

あいにく、私は教室があって伺えなかったのですが、小金井在住のハオの作家さんshizukaさんとまるちゃん(自称:チーム小金井)がイベントに行ってきてくれましたので、様子をご紹介させていただきます^^

一箱古本市や、近隣のお店の方による食べ物やお花の販売だけでなく、絵本の読み聞かせ、腹話術師さんのライブなどもあったそうです。行きたかった!

まにあ〜なさんの店内でもハオを置いていただきました。
IMG_7062.jpg

大切に置いてくださって感謝です!
IMG_7061.jpg

まにあ〜なさんでは、本にまつわる雑貨の販売もありました。
CA3K0096.jpg
オーナーの千葉さん。手にされているのはトートバッグのデザインのブックカバーだそう。
かわいいです〜。

CA3K0098.jpg
手芸の本を出されている方もいらして、まるちゃんたちも来場のお客さんたちと手芸談義に花が咲いたとか。楽しそう。

こうして文化を通じて街の人たちのつながりができるのって、いいな。
毎年、鬼子母神商店街のみちくさ市に参加していますが、それにちょっと近いのかな?

IMG_7068.jpg
イベントスタッフの田村さんと腹話術師さん。
まったくの偶然ですが、小金井の本屋さんで働く田村さんは私の学生時代の後輩です。
いつも「ハオ」のグループ展にも来てくれて感謝。
家族みんなのあったかニット」も平積みにしてくれていたそうでありがとう(←チーム小金井がパトロールしています;笑)。
困ったときに開く本」のイラストレーターさんも小金井在住だし…、小金井で本にまつわる不思議なご縁が広がっています。
ぜひまた季節のよい時に開催してくださいね。今度こそ行きたいです。

まにあ〜なさんにお届けした「ハオ」はまだ残っているそうなので、気になる方はぜひお店にGO!ですよ^^

まにあ〜なさん、イベントスタッフの皆さま、お天気が良くてよかったですね。
素敵なイベントおつかれさまでした!


==========================
※↓下記にて電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

Keito(東京都・浅草橋) [取扱い店リスト]

「ハオ」vol.25(2017年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31

==========================
「オリジナル作品の作り方セミナー」受講者募集中です!>5/14(日)
詳細は↓をごらんください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-04-07

==========================

今日も朝から精力的にお出かけデー。

朝イチで、運転免許証の更新をし(ゴールドペーパードライバーなのであっという間)新宿へ。

新宿タカシマヤで細野先生の春夏の展示が、今日からスタートしています。
0325pickup-hosono.jpg
細野雅子ニットアート展
2017.4.19(水)→25(火)
新宿髙島屋2階 ハンズ側エスカレータ前

ハンズの入り口から入ってすぐのすごくいい場所! 久々に細野先生にもお会いできました。
ニットの敵は暑さ、ですよね〜[晴れ]
「急に暑くなってきちゃって…」と困り顔の細野先生。
でもいつもの上の階の会場とは違い、本当にお客さまの層が幅広く、たくさんの方が足をとめて作品をご覧になっていました。
デザインのアイデアはもちろん、完成度が本当に素晴らしいので、ニットをされる方にほど見ていただきたい作品です。先生も会場にいらっしゃいますので、ぜひ足をお運びくださいね^^
帽子などは母の日の贈り物にもいいと思います^^

〜〜〜〜〜〜〜〜

ハンズをじっくり見たいところでしたが、今日は行きたいところがいっぱいなので、グッと我慢。
細野先生にさよならして、JRで浅草橋に移動。

Keitoさん。移転されてから、やっと伺うことができました。
IMG_2634.JPG

看板がフックドラグ〜[ぴかぴか(新しい)] ステキ!
IMG_2637.JPG

ウィンドウディスプレイもかわいいです^^
IMG_2636.JPG

これまでもずっと「ハオ」を設置していただいていたのですが、vol.24に限っては、お店の移転があったり、こちらもグループ展準備でバタバタしてしまい、未だ冊子の設置に伺うことができずにおりました。
作家募集も始まり、このタイミングで改めて「ハオ」を見ていただきたいと、お店にご連絡。無事設置をご快諾いただけました。
IMG_2633.JPG
とてもいい場所に置いていただけました。
vol.24を手に取りそこねた方は、ぜひKeitoさんにGOですよ!
Keitoさん、ありがとうございました!

〜〜〜〜〜〜〜〜

朝一から出かけたので、まだ時間に余裕があります。
もう一つ展示を見ようと、JRで原宿に移動。

vol.24で「ハオ」に初参加してくださった ゆとまゆさんが、表参道でイベントに参加されていると知り、見に行ってみました。

IMG_2639.JPG
「あのね・・・展 〜 私の中の小さないのち」
9名の織りなす作品展 あのね…と紹介したくなる私たちの作品をお楽しみください
■日時 4月17日(月)〜22日(土)11時〜19時
■会場 Perry House Gallery(ペリーハウスギャラリー)

絵画、キャンドル、フラワー、ニット、タティングレース…9名の作家さんのグループ展。
私が伺ったときは(多分)キャンドルのワークショップ中で、ギャラリーは大賑わいでした。

IMG_2638.JPG
ゆとまゆさんのコーナー。大物のニットウェアから、気軽に手にとれる小物がたくさんありました^^
頑張ってるなぁ〜。
ゆとまゆさんは、次号の「ハオ」にも参加表明いただいています。今年はどんな作品が見られるのか、とても楽しみな作家さん。ゆとまゆさんについては、日を改めてゆっくりご紹介させていただきますね。


たくさん歩いてくたびれましたが、見に行きたいところにいろいろ行けた収穫の1日でした^^

「ハオ」vol.24は、Keitoさんへの納品をもって、すべての冊子を設置終了! 電子書籍版の準備もしなくては[あせあせ(飛び散る汗)]

明日は再びデスクワークに戻ります。

==========================
※↓下記にて電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

1日1日が自分を作っている [ものづくりの部屋から]

「ハオ」vol.25(2017年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31

==========================
「オリジナル作品の作り方セミナー」受講者募集中です!>5/14(日)
詳細は↓をごらんください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-04-07

==========================

先週の土曜日は、ハオの作家さん 前川陽子さんに誘われ、まるちゃんと3人で神保町界隈をお散歩に出かけました。

行列のできるうどん屋さんに開店前から並んで、早めのうどんランチをいただき、あちこち眺めながら神田明神でお参りして、喫茶店でお茶しながらの手作り談義。楽しかった^^

それにしても二人とおしゃべりしていると、自分て本当にモノを知らないなぁ。。。と恥ずかしくなります。生活が薄い。

私の実家は、お宮参りも七五三も初詣も…とにかくお参りに行くという文化がなく。。。
手水の作法を知らない私に、まるちゃんがドン引き(汗)
(あ、その後ちゃんと教えてもらってお参りいたしました^^;)

前川さん「わーダイコンの花がきれい!」
まるちゃん「ほんとだぁ!」
私(「ダ、ダイコンの花」っていうんだ…[あせあせ(飛び散る汗)] メモメモ)

苦手なものは「興味がない」でずっとシャットアウトしてきた自分を反省です。

IMG_4822.JPG
これも、見た目が苦手でずっと敬遠していた甘酒。
生まれて初めて口にしました^^; こんな味だったのね。

私がワアッと思って、唯一写真に撮ったのがこれ。
IMG_4821.JPG
ニコライ堂の入り口に植えてあったチューリップ…。
前川さん、ごめんなさい! あんなにいろんなところに連れていってもらったのに!

もう人生も折り返しにきてしまっているわけで…、無知を恥じることはあっても、なかなかそういう自分は変えられないんだろうなぁ。。。最後は開き直り[あせあせ(飛び散る汗)]

???????

ということがありつつ、月曜日は池袋方面へ。
西武池袋本店サンイデーで開催中の ささきもと子さんの展示を見に。
17833950_671168146420029_5696155682790194229_o.jpg
「Strings Art&Goods 2017 Spring」
■会期:2017年
開催中?4月18日(火)
■会場:西武池袋本店7階(南B9)
=趣味の店 サンイデー・100IDEES select
※最終日4月18日(火)は、
当会場のみ午後6時にて閉場いたします。
[月?土] 午前10時?午後9時
[日・祝休日] 午前10時?午後8時

「ハオ」vol.19で取材させていただいた ささきさん。様々なモチーフを紐や糸で描く『ストリングス・アート』の作家さんです。テーブルライトなどの大きな作品や、額装された原画のほかにも、原画を生地にプリントして作ったのブローチやカードケースなどの小さな雑貨もたくさん並んでいました。
ささきさんとも久々にお会いできて、うれしかった! もっとゆっくりお茶でもしながらおしゃべりしたかった! 今度ぜひ!

IMG_4823.JPG
会場でパッと心をつかまれたバッグチャームとブローチをお買い上げ^^
その名も「ベニテングタケバッグチャーム」と「むしゃむしゃリスブローチ」!
キノコやリスが好きでないと作れませんよね! 作品のモチーフの選び方やネーミングにも、作家さんの愛着や個性が表れるなぁ…と感じました。

ささきさんの展示は本日18時まで開催中です。
お天気も回復したようですので、ぜひお出かけくださいね。

???????

やっぱり作品って、作った人の美学や生き方が透けて見えるものだな…って思います。

机の上でパソコン検索しながらお勉強しているだけでは、身につかない。
どんなに手芸業界のことに詳しくったって、SNSでいいね!を集めたって、それがなんだというの?
1日1日の起きて、食べて、歩いて、話して、感じて…。人間としての生き方が、自分を、そして作品を作っていくというのに。

春は「ハオ」のことを考えているので、反省ばかりしているワタクシ。

でも過去は変えられないけど、未来は変えられ…ますよね!?
いいお天気になった今日は何をしようかな?

==========================
※↓下記にて電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

本のご紹介>「銀杏堂」橘 春香 [イベントレポート]

「ハオ」vol.25(2017年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31

==========================
「オリジナル作品の作り方セミナー」受講者募集中です!>5/14(日)
詳細は↓をごらんください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-04-07

==========================

発行は昨年末ですので、すっかりご紹介が遅くなってしまったのですが、素敵な本をご案内。
IMG_4777.JPG
銀杏堂橘 春香

「ハオ」のカメラマンTくんのお姉さんの著書です(もはや伏字にする意味ないですね;笑)。
イラストレーターとしてご活躍で、何年か前に春香さんと刺しゅう作家さんとの絵のコラボ展に伺ったときは、絵の上に立体的に刺しゅうを施した大作が本当に素晴らしかったのが記憶に残っています。(今検索して、そのお相手の刺しゅう作家さんが、なんと樋口愉美子さんだったことを知る! えー、私、大ファンです! 当時はまだ知らなかった〜。わー、もう一回見たい!)

主人公の女の子に骨董屋さんのおばあさんが聞かせてくれる
骨董品ひとつひとつに秘められた冒険物語。

発売してすぐに購入したのですが、ずっと仕事で忙しくて読む時間がとれず…。

フェイスブックで、物語の中には、Tくんの亡くなったおばあさまとのエピソードも題材になっていると知り、ゆっくりとした気分で味わって読みたい…と、しばらく寝かせておりました。

先月、私も祖母が他界し、実家の富山へ向けて慌てて葬儀の身支度をしているときに、「そうだ!」と思いつき、「銀杏堂」をバッグに忍ばせて出かけました。

にしきごいのうろこ
いなずまのかけら…
骨董屋「銀杏堂」にある不思議な骨董品。
高田さん(骨董屋のおばあさん)が、それを手に入れたときの武勇伝を女の子に話してきかせます。

新幹線の中、春から冬に逆戻りする景色の中、いつもと違う時間の流れの中で、ひとつひとつのお話を楽しみました。細やかな子どもの目線と、私たち大人に言い聞かせているようなメッセージ。丁寧なことばが綴られています。

もちろん絵も素敵。個人的に春香さんの絵の色が好きなので、カラーの挿絵は特にじっくりと眺めてしまいました。高田さん(骨董屋のおばあさん)の若いころがすごくハイカラでかわいい。

故郷で祖母の葬儀でお別れをし、祖母の思い出と高田さんをちょっぴり重ね合わせながら、東京に帰ってきたとき、
あ、次の「ハオ」のテーマは「冒険」にしよう。
ずっと迷っていたテーマがふっと頭の中に降りてきました。

「歴史や思い出こそ人生の宝になるんだよ」

次号の「ハオ」のテーマへのヒントをくれた本でもあります。
ぜひ手にとってご覧になってみてくださいね。


遅ればせながら、
春香さん、ご出版おめでとうございます。

==========================
※↓下記にて電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

<受講者募集中>「オリジナル作品の作り方セミナー」5/14(日) [ハオvol.25の活動]

「ハオ」vol.25(2017年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31

==========================
IMG_2984s.jpg
ハオvol.25の参加作家さん募集に合わせて、恒例となりました「オリジナル作品の作り方セミナー」を今年も開催いたします。

「ハオ」への参加をご検討中の方に。「自分らしい作品づくり」を模索中の方に。
自由に作品を生み出すための視点を実践ワークを交えて学べる1dayセミナー。

過去の受講者さんを見ていると、既に十分な技術を持ち、教室で教えたり、発表活動をされている方が多いようでしたので、今年はちょっとだけ高度なお話もプラスします。

慣れてきたからこそ、ぶつかる壁ってありませんか?
「自分はこういうタイプ」と自分で自分の枠を決めてしまっていませんか?
新しいものを生み出す時は、いつもよりちょっとだけ「冒険」する。それがキャッチーな作品づくりにつながる。そんな新しい自分の切り口を見つけるワークを今年は取り入れました。

vol.25の募集テーマ「冒険」からデザインを起こす実践ワークも行いますので、ハオへの参加をご検討の方はご自身のデザインアイデアを整理したり、アドバイスをもらえる絶好の機会。2度目のご参加も大歓迎です^^

参加者には「ハオvol.25」の掲載料割引の特典もあります。ぜひ、参加をご検討ください!
================

ハオ 1dayセミナー
「オリジナル作品の作り方セミナー」募集要項

あなたは自分で自由にデザインが起こせますか?
オリジナルを作っている(つもりだ)けれど自信がない。
もっと自分ならではの「何か」を見つけたい…という方も多いのではないでしょうか?

「技術」や「売り方」ではなく、「ゼロから作品を生み出す視点」「魅せる作品づくりのための視点」を実際に手を動かしながら学ぶワークショップ。
ニットデザイナー きゆなはれる&ミニコミ誌「ハオ」編集長 松村忍による1年に一度のワンデーセミナーです。
5月の稲村ケ崎の海の空気はさわやか。無添加素材の味覚を目覚めさせるランチを楽しみながら、五感を遊ばせる贅沢な創作時間を過ごしてみませんか?

★こんな方の参加をお待ちしています
・自分でデザインした作品を作れるようになりたい(作っているけど自信が無い)方
・現在のもの作りを、もう一歩深めたい方
・作家活動をしたい(しているけど壁にぶつかっている)方
・自分の作品にマンネリを感じている方
・ハオvol.25への参加に興味のある方

※特別なスキルは不要です。

★日時 5月14日(日) 10時30分〜15時30分(ランチつき)

★概要
第1部 10:30〜12:30 講師:きゆなはれる「わき上がるデザインのために」
イメージから色や柄をおこす実験&レクチャー。さらに、いつもと異なる素材で小さなオブジェを作ります。経験、慣れ、実用から離れて、かたくなった頭をストレッチしましょう。

ランチ交流会 12:30〜13:30 

第2部 13:30〜15:30 講師:松村忍
「アイデアノートを作ろう〜テーマのある作品づくり」
『ハオ』vol.25の誌上ギャラリーの募集テーマでもある「冒険」を題材に、イメージマップや編み地を作りながらオリジナル作品を作る手順を学びます。

※自由な教室なので状況によって時間は多少前後します。
※当セミナーは「ハオ」vol.25の取材を兼ねております。セミナーでの制作物はハオvol.25に掲載する場合があります。予めご了承ください。

★場所 フィールドノート(きゆなはれるアトリエ)
鎌倉市稲村ケ崎2-5-24(江の電 稲村ケ崎駅より徒歩3分)

★定員 先着8名

★講習料  6000円(ランチ代込み/当日会場でお支払いください)

★持ち物 クロッキー帳(スケッチブック)、色鉛筆、はさみ(紙を切れるもの)、のり、毛糸などの素材
※参加者に改めて詳細をご連絡します(持ち物の詳細決定はGW明けの予定です)。

★主催 ハオ編集部
ミニコミ誌「ハオ」はニット、ソーイング、クラフト分野の若手作家が自由に作品を発表できる「誌上ギャラリー」をコンセプトとしたフリーペーパーです。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/
『ハオ』vol.25参加作家募集中。詳しくは下記をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31

★セミナー参加特典
当セミナーにご参加いただいた方は、『ハオ』vol.25への作品掲載料(16,000円)を1,000円割引いたします。
セミナーで学んだことを活かして、実際に作品を作って発表してみませんか?
午後のアイデアノート作りでは『ハオ』vol.25の誌上ギャラリーの募集テーマでもある「冒険」を題材にオリジナル作品を作る手順を学びます。
「『ハオ』に参加してみたいな…」という方には、特におすすめです^^

★お問い合わせ、お申し込み
下記のメールフォームに必要事項をご記入のうえ、お申し込み、お問い合わせください(準備の都合上、参加のお申し込みは5月10日までにお願いします)。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/d3f9ef6c296327

★講師プロフィール
きゆなはれる
遊び心のあるスローライフが信条のデザイナー。造形教室「夢民舎」主宰。ジャンルを問わず意欲的な作品を発表している。『かぎ針1本あれば……』(文化出版局)など著書多数。

松村忍
デザイナー・クラフト作家。手芸雑誌や書籍などで作品を発表。ミニコミ誌『ハオ』編集長。監修本に『棒針編み困ったときに開く本』、『かぎ針編み困ったときに開く本』(新星出版社)。

=============
「ハオ」vol.25(2017年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31

==========================
※↓下記にて電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

当たり前のことを当たり前のように [ものづくりの部屋から]

「ハオ」vol.25(2017年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31
==========================

今週はずっと自宅で「子ども手芸教室」のワークショップ三昧のワタクシです。
IMG_4784.JPG
手縫いで巾着袋を作っています^^ 写真は新3年生の作品。かわいいです^^

「当たり前のことを当たり前のようにやることが大切」とは、
中学生の息子の保護者会で、教務主任の先生が言われた言葉ですが、
自宅教室を始めて丸5年が経ち、ホントにその通りだなぁ…としみじみ感じる今日この頃です。

子どもに手芸を教えることを、活動の軸の一つに加えたのは、2009年の雄鶏社の倒産がきっかけ。
「手芸人口を増やしたい」「自分が子どもの頃に豊かさや喜びを与えてくれた『手芸』に恩返しをしていきたい」という思いからです。

お教室の集客法を教えるセミナーや、作家さん向けのコンサルティングなどが今はたくさんありますが、私の教室はスタート当初は非常にノープランなものでした(汗)

しかし、当時生徒さんは息子の同級生の子たちが中心。失礼があってはいけない、お友だちママさんに喜んでもらいたい(嫌われたくない)という気持ちが、自然に教室のシステムを整えることになりました(外的プレッシャーがあると頑張れるタイプ;笑) ママ友からお金をいただくからには、金額以上に喜んでもらえるものにしなくてはいけない!という気持ちが強かったと思います。
また、子どもは正直(笑) いいものはいい。イヤなものはイヤとはっきり言ってくれちゃうので、教室で作る作品ラインナップも日々ブラッシュアップせざるをえない(汗)というのも、良かったのかな…。

試行錯誤でマイペースに続けていた教室に、「あれ?」という変化を感じるようになったのが去年の夏ごろ。教室ブログを見て…と、面識のない方からのお問い合わせが増え、教室の空席待ちを希望される方が増えてきました。空きが出て、地域の掲示板に募集告知をすると、即日で問い合わせをいただくようになりました。

生徒さん2人からスタートした教室は、今年度からクラスを増やして15人。
今月の単発のワークショップの予約は40人になりました。

特別なことは何もしていません。
生徒さんが喜びそうなこと、まさに当たり前のことを当たり前のようにやってきただけ。
生徒さんオリエンティッド。


ところで、私の子ども教室のワークショップは1回2,000円です。
40人で8万円。
教室の月謝は月4,000円です。15人で6万円。


「成功」って何なんでしょうね?
1ヶ月の売り上げが100万を超えなければいけないとしたら、
利益が外勤のOLさん並みになければいけないとしたら…、私は負け組ですよね。

手芸って儲からないです。
儲けたいなら手芸から離れた方がいいって言われます。
教室は自分一人でやらず、人を雇って大きくしないとダメって、ネットに書いてありました。

でも、私は自分の気持ちに正直でいたいなぁ…。
万が一、子どもを養わなくてはいけなくなったらパートに出よう。
これが20代後半に作家活動を志してから、ぐるぐる試行錯誤してたどり着いた私の考え方。
儲からない人の思考回路。
儲けたい人はマネしないでください(笑)


結局何が言いたかったかというと…
何をもって「成功」とするかは、その人の価値観だということ。
だけど
利益オリエンティッドよりも、生徒さんオリエンティッドでいる方が、長期的に見て売り上げにはつながるよね…というお話でした^^


長文失礼いたしました。

****************
※↓下記にて電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

手芸カフェ・まにあ~な(東京都・小金井市) [取扱い店リスト]

「ハオ」vol.25(2017年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31
==========================

昨日の続き。
小金井行きの目的はこちら。
o3024302413783481941.jpg
手芸カフェ・まにあ~な」さん。

昨年オープンしたばかり。フェイスブックの投稿で、かねてから気になっていたお店です。
手作り好きな方が集まるところには、ぜひ『ハオ』を置いていただきたい!と、ブログなどをウォッチしておりました^^

実は、ハオの作家さん shizukaさんが小金井在住なので、事前に「偵察」に行っていただき…(笑)、「オーナーさんが とても丁寧で感じのいい方。店内もキレイに整っていて、アトリエスペースも充実、居心地が良さそうでした!」と太鼓判があり、「よし!」とばかりに 同じ小金井在住作家のまるちゃんにも声をかけて出かけたのでした^^

IMG_4756.JPG
「刺繍とソーイングのお店」ということで、DMCの刺しゅう糸の棚にお道具などが並ぶ可愛らしい店内。たくさんのお教室が予定されており、かぎ針編みの講習もされているようでした。
プロのパタンナーでもあるオーナーさんによるパターンメーキングのクラスもあり、初心者から上級者まであらゆるハンドメイドニーズに応えていただけるお店です。

ミシン.jpg
時間制でアトリエを使用することもでき、工業用ミシン、ロックミシン等を有料で使用することもできるそうです。

オーナーさんとお話していると、なんと一昨年の きゆな先生のヴォーグ学園手芸デザインアカデミーを受講されていたとのこと! 私も毎回、きゆな先生にくっついて行って、授業終わりに「ハオ」の宣伝をさせていただいていましたので、そちらで冊子のこともご存知でした。世の中狭いです。
無事、冊子も置いていただけることになりホッ。

IMG_4755.JPG
「手芸カフェ」ということで、お茶をすることもできます。400円(+税)で美味しいコーヒーとクッキーをいただきました^^ shizukaさんの太鼓判のとおり、糸や生地に囲まれた店内は手作り好きにはとても居心地がよく、冊子設置のOKをいただいた安心もあり、ついついお茶をしながら長居してしまいました(しかも、おしゃべりの内容が手作り談義でなく子育て談義で盛り上がり;汗 オーナーさん、すみません!)。

スペイン語で「明日」「朝」を意味する「まにあ〜な」。
「手芸人口を増やすために、みなさんの手づくりを応援します!」というオーナーさんと、今後もよいご縁がつながるといいな…と思います。

「ハオ」の作家募集もスタートしましたので、本の実物を手にとってみたいという方は、ぜひお出かけになってくださいね。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

****************
※↓下記にて電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/