So-net無料ブログ作成
検索選択
イベントレポート ブログトップ
前の10件 | 次の10件

3738秋の収穫祭 [イベントレポート]

「ハオ」vol.24が完成し、発送&発送の日々です。
今日は10月とは思えないほど、ポカポカ陽気。
今日は発送作業の手をちょっと休め、国分寺のカフェスローさんで「3738秋の収穫祭」が初日、ということで、早速出かけてきました。
20160926232032d59s.jpg
ニットユニットminamiwaと、カフェで手芸を伝える3738KPAメンバー17名による作品展です。

IMG_3914.JPG
会場にはハンドメイドのかわいい作品がぎっしり。
クロバーさんの新製品「オーバルニットルーム」のワークショップも開催されていました。

IMG_3917.JPG
気になっていたminaoさんの著書をお買い上げ。
あみぐるみを実用品にしてしまうアイデア! さすがです。
なんと編み図もイラストもすべてminaoさんがパソコンで描かれたとか! すごい〜。

minamiwaのお二人とスリーショット!
お二人のパワーにあやかりたいワタクシです。
IMG_3912.JPG
この後、お昼もご一緒させていただいて、活動のお話をいろいろ伺うことができました^^
業界のいろいろ、出版関係のお話、グループ展のヒントになるようなお話もあり、有意義な時間。

IMG_3919.JPG
ところで、なぜ初日の午前中から出かけたかというと…、はい、もちろん「ハオ」とDMをたくさんの方に見ていただくため^^; 下心丸出しの私です(苦笑) 早速、会場に設置していただき、短い滞在時間の間にも、去年、グループ展を取材してくださった「洋装産業新聞」さんや、編集者の方、もちろんminamiwaの作家さんもたくさんいらしていて、たくさんの方に冊子を手にとっていただけました。もっと持っていけばよかった(笑) 「洋装産業新聞」さん、今年もハオのグループ展に来てくださるとおっしゃってくださいました^^

展示は、23日(日)まで。美味しいスイーツやランチがいただけるカフェの中にあるギャラリー、ぜひお散歩がてら足をお運びくださいね。

美和さん、minaoさん、楽しい時間をありがとうございました。

明日からまた発送作業に戻る予定。
来週からはグループ展のもろもろを始動させたいところです。

=======================
ミニコミ誌『ハオ』作品展2016
小さな本の中の小さなギャラリー
2016年12月1日(木)〜12月6日(火)
dm1.jpg
ニット、ソーイング、クラフト分野の若手作家の作品を紹介するミニコミ誌『ハオ』が、誌面から飛び出し、作品展を開催します。9人の作家が「翼」をテーマに制作したウェアや小物をはじめ、最新号(10月発行)に掲載の作品を展示します。
クリスマスプレゼントにぴったりな冬小物の販売もあります。
↓詳しくは下記をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2016-10-17
========================
ハオの作家たちによる 初めてのニット作品集
8937_1474416138.jpg
「家族みんなのあったかニット」
成美堂出版より発売中!
ぜひ、ご覧ください!
http://www.seibidoshuppan.co.jp/product/9784415322384/

========================
※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

育児&もの作り。日々彩り [イベントレポート]

『ハオ vol.24』の入稿原稿を印刷所に送って、つかの間のオフ。
というわけで…
IMG_2366.JPG
外苑前! めっちゃどんよりしたお天気ですが、珍しく降られずにすみました。

お目当ては、きめこみイラストレーター 坪島美里さんの個展。
20160916_1010684.jpg
坪島美里 個展 「日々彩り」
2016年09月27日(火)~ 2016年10月02日(日)
12:00~19:00(最終日17:00まで)
■会場 gallery DAZZLE

『ハオ』vol.19で取材させていただいた坪島さん。DAZZLEでの個展は2回目になります。取材させていただいたのは、まさにDAZZLEでの最初の個展のとき。ギャラリーへの道すがら、お話を伺ったカフェもそのままの佇まいで営業しており、懐かしい気持ちでいっぱいになりました。

昨年ご出産されてしばらくお会いしていなかったので、久々の再会をとても楽しみにしていたのですが、途中で坪島さんからメールが。お子さんが熱を出されて、今日は在廊できなくなってしまったとのこと。
わー、残念! でもこればっかりは仕方がないです〜。
私も息子が1歳の時、親子で手芸雑誌に取材していただいたのですが、息子がなぜか取材の日のたびに熱を出して…、なんと3回も日延べしてもらったことが(汗) 「育児あるある」…ですよね。

お会いできなかったのは残念ですが、ゆっくりと作品を堪能させていただきました。
今回は雑誌の表紙など、お仕事で作られた作品の展示もあり、「ほー、原画はこうなっているのか…」と興味深く拝見したりもいたしました。

IMG_2365.JPG
ポストカードを買いだめ。一番上の作品が、個人的に一番お気に入りです。

坪島さん、素敵な展示をありがとうございました!
お子さん、どうぞお大事に!
また、お会いできる日を楽しみにしております!



帰り際に、携帯チェックすると、今度はハオの作家さんからメール。
実は今回の「ハオ vol.24」で、作品の制作途中に妊娠がわかって絶対安静になってしまい、冊子に参加できなかった作家さんがいらしたのです。
体調が戻るなら、グループ展だけにでも出品したら?とお話ししていたところ、ぜひ参加したいというお返事が!

嬉しい!

もちろん体調最優先ですが、一生懸命デザインや編み地を考えてくださっていたので、グループ展で合流できること、参加したいと思っていただけたことが、とても嬉しかったです。

小さいお子さんと一緒のもの作りは、気力も体力もうんと必要だけど、子どもと一緒に低い目線で景色を眺めること、赤ちゃんのいい匂い、ゆっくり流れる時間の中で感じる季節の移ろいなどなど…、もの作りにすごくプラスのエネルギーを与えてくれるものだと思います。まさに「日々彩り」ですね!

私はそんな時間はとっくに過ぎてしまって、反抗期の息子の中間テストの点数にキーキー言っている毎日だけど、忘れていた素敵な感覚を思い出させてもらえた1日でした。

…というわけで、
「大好きだよ[黒ハート]
帰って息子に言ってみたら
「は? うっざ」
と言われてしまいました。わはははは(泣き笑い)


========================
ハオの作家たちによる 初めてのニット作品集
8937_1474416138.jpg
「家族みんなのあったかニット」
成美堂出版より発売中!
ぜひ、ご覧ください!
http://www.seibidoshuppan.co.jp/product/9784415322384/

========================
※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

「グッドモーニング」〜丹治真理と yamaha.noz 〜 [イベントレポート]

久しぶりに「モモ」を読んでいます。
IMG_2152.JPG
実はここ数ヶ月、ずーっと立て込んでいて落ち着かない毎日。
リビングやキッチンは、出しっぱなしのモノ、モノ、モノ。
中学生になった息子には「時間を見て行動しなさい!」とガミガミ(汗)
「灰色の男たち」に取り憑かれていたのかも…と、本を読みながら反省しています。

月末納期のお仕事が片付いて、ちょっと肩の荷がおりた午後。
新富町の「さんのはち」さんへ、丹治真理さんとyamaha.nozちゃんの2人展に行ってまいりました。

IMG_2143.JPG
「グッドモーニング」〜丹治真理とyamaha.noz〜
5月24日(火)〜29日(日) 12時〜19時
http://3no8.jimdo.com

丹治さんとnozちゃんは、いつもお世話になっているアトリエ素粒子の作家さんたち^^
気持ちのいい朝を過ごせるような小物やルームウェアの展示です。

IMG_2146.JPG
数年ぶりに会った丹治さん。「ハオ」vol.20に掲載させてもらった「ハンカチキャミソール」を着ていてビックリ! 今日再会する運命だったのね。

IMG_2142.JPG
丹治さんの「朝」をイメージした刺しゅうのブローチ。キラキラ。

tan.jpg
会場では、2人がそれぞれセレクトしたコーヒーもいただけます。

IMG_2145.JPG
nozセレクトのコーヒーをいただきました。私好みのお味[黒ハート]
お二人とは、2011年に作品展をご一緒したことがあって、懐かしい話に花が咲きました。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2011-12-01

IMG_2144.JPG
かわいい刺しゅうの巾着は、なんと丹治さんとnozちゃんのコラボ作品。なんと1つの巾着に、2人で刺しゅうしたそうです。
それぞれが11個分の巾着を仕立てて、刺しゅうを半分して相手と交換。受け取った11個の巾着に、もう一人が刺しゅうをプラスして仕上げたそう。
完成した22個の巾着のお値段は、2,200円ナリ^^ 
交換日記みたいな巾着です。

IMG_2150.JPG
丹治さんの刺しゅうのソックスをお買い上げ(実はブローチと巾着も買ってしまった〜! 爆買い^^;)。

IMG_2151.JPG
私「フレンチナッツステッチ、私大好きなの!」
丹治さん「私もです〜[揺れるハート]
ニッチな会話が心地良し(笑)
次のハオの作品には、私も刺しゅうを取り入れてみようかな…^^

IMG_2148.JPG
品物を入れてもらった紙袋にも、2人のロゴが^^ ふふふ、かわいいです。


ふしぎだなぁ。

帰宅して、買ってきた色とりどりの作品たちを袋から出したら、「灰色」だったリビングが「カラー」に戻った気がして、クッションカバーを取り替えたり、シンクの三角コーナーを磨いたり…。思わず ひとしきり掃除してしまいました。


「『作品』とは、人の気持ちをプラスの方向に向けるもの」
以前、「ハオ」の取材である作家さんからお聞きした言葉が、自然と思い出されてきました。

仲良しの2人の気持ちのよい展示は5月29日まで。
週末はお天気も回復しそうですので、ぜひ、足をお運びくださいね。

丹治さん、nozちゃん、グッドなモーニングの時間をありがとうございました[晴れ]

=============
あなたも『ハオ』で作品を発表してみませんか?
『ハオ』vol.24参加作家募集中。詳しくはこちらをご覧ください

「ハオ」では、毎号テーマに合わせた作品を募集しています。
613 のコピー.jpg
作品はカメラマンが撮影。作品をいい形で記録に残すことができ、ご自身のPR等にご利用いただけます。また、冊子は1000部印刷し、関東を中心に手芸店やギャラリー、カフェなどに設置。たくさんの方にあなたの作品を見ていただけます。
手芸メーカーや、出版社、編集者の方にも献本していますので、お仕事のお声がかかることも^^ 今年も秋発行のニット書籍の作品づくりを請け負い、ハオの参加作家さんたちと分担してお仕事を進めているところです。

IMG_1969s.jpg
また、年末には掲載作品の展覧会も開催。作品の実物を直接お客さまに見ていただけるだけでなく、作品展開催のプロセスの体験は、きっとよい学びになると思います。今年は吉祥寺駅徒歩3分。最高のロケーションのギャラリーで開催予定です^^(3000円程度の実費負担が必要です)

あなたも『ハオ』で作品を発表してみませんか?
『ハオ』vol.24参加作家募集中。詳しくはこちらをご覧ください

『ハオ』の参加に興味のある方へ。
5月22日(日)「オリジナル作品の作り方セミナー」受講者募集中!
詳しくはこちらをご覧ください。

※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

マリー・マグラキ出版記念作品展 フレンチスタイルのアクセサリー [イベントレポート]

すっかり初夏の陽気の水曜日は表参道の「ギャラリーパレット」さんへ。

DM2-512x600.jpg
かねてから気になっていたマリーさんの出版記念作品展に伺いました。
こういう作風大好き! ブローチ作りのワークショップがあると知り、即座に申込み^^
11時半〜ランチをはさんで5時までの「スペシャルワークショップ」! みっちり手を動かして参りました。

IMG_2121.JPG
図案は決まっていますが、刺しゅう糸もビーズもスパンコールもたくさんの色から選べるところも「スペシャル」。

IMG_2122.JPG
ずっと避けて通ってきた「ロング&ショートステッチ」会得しました[手(チョキ)]

13237847_1744931515744725_5645511554537281215_n.jpg
写真ギャラリーパレットさんのフェイスブックよりお借りしました。
参加者は作家さんやクラフトの講師をされている「スペシャル」な方ばかり。皆さん、レベルが高い〜。写真は、マリーさんにスパンコールの刺し方を教えてもらっているところ。スパンコールを1個ずつ縫い付けなければいけないことを知り、私が「オーマイガー」と言っているところ^^;

IMG_2127.JPG
昨日は夕方から家の用事があったので、時計をチラチラ見ながら大焦りでの作業になりましたが、それでもど根性で全部刺し埋めました。左側のスパンコールのお花は花芯から3mm、4mm、5mmとスパンコールを大きくしながら刺し埋めていくのですが、右側のお花はもうテキスト通りに作る気力がなく、全部一番大きい6mmのスパンコールでなんとか埋めて…タイムアップ。後ろ髪引かれながら、皆さんより先に会場を後にしました(「ハオ」は抜かりなく全員に配りました^^)。あ〜!もっとゆっくり悩んで作りたかった〜! 他の方の色使いが本当に素敵に見えて、敗北感でいっぱい!

IMG_2932.JPG
それでも自宅でブローチピンをつけて仕上げたら、なんだかんだ言って、自分好みに完成しておりました^^ 今日は早速ブローチをつけてホクホクお出かけ[晴れ] ゲンキンなワタクシです^^;

新しい方に「ハオ」を知っていただけたし、お知り合いも増えたし、マリーさんはかわいいし、何よりこういうハードなワークショップを体験できたのがよかったです。よいインプットの日になりました。
展示は22日まで。もちろんマリーさんの著書(もちろん編集は秋間さんです)も購入できますよ。
マリーさんワールドにぜひお出かけくださいね。


マリーさん、秋間さん、ワークショップをご一緒したクリエイターの皆さん、楽しい時間をありがとうございました。


=============
あなたも『ハオ』で作品を発表してみませんか?
『ハオ』vol.24参加作家募集中。詳しくはこちらをご覧ください

「ハオ」では、毎号テーマに合わせた作品を募集しています。
613 のコピー.jpg
作品はカメラマンが撮影。作品をいい形で記録に残すことができ、ご自身のPR等にご利用いただけます。また、冊子は1000部印刷し、関東を中心に手芸店やギャラリー、カフェなどに設置。たくさんの方にあなたの作品を見ていただけます。
手芸メーカーや、出版社、編集者の方にも献本していますので、お仕事のお声がかかることも^^ 今年も秋発行のニット書籍の作品づくりを請け負い、ハオの参加作家さんたちと分担してお仕事を進めているところです。

IMG_1969s.jpg
また、年末には掲載作品の展覧会も開催。作品の実物を直接お客さまに見ていただけるだけでなく、作品展開催のプロセスの体験は、きっとよい学びになると思います。今年は吉祥寺駅徒歩3分。最高のロケーションのギャラリーで開催予定です^^(3000円程度の実費負担が必要です)

あなたも『ハオ』で作品を発表してみませんか?
『ハオ』vol.24参加作家募集中。詳しくはこちらをご覧ください

『ハオ』の参加に興味のある方へ。
5月22日(日)「オリジナル作品の作り方セミナー」受講者募集中!
詳しくはこちらをご覧ください。

※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

monpuppy 犬のあみぐるみ展 [イベントレポート]

土曜日は吉祥寺へ。

ハオ作家のshizukaさんと待ち合わせ、昨年末のトレマーガ展で、広瀬先生の編みぐるみが話題となった「もんぱぴ」さんの展示を見に行きました。

monpuppy 犬のあみぐるみ展
<日時> 3月25日(金)〜30日(水) 11時〜18時(最終日17時)
<会場> cafe & gallery good time
武蔵野市吉祥寺南町1-17-10 F&Wビル1F

なんと会場は、ドッグカフェ!
もんぱぴさんは、わんちゃんのあみぐるみをオーダーメイドで制作する活動をされているそう^^
「今回は(トレマーガ展と違って)、ニットよりも犬が好きなお客さまが多いので、広瀬先生の人形は展示してないんですよ」ともんぱぴさん。
カフェの壁面には、かわいいワンコがずらりと並びます。
名称未設定 1.jpg

ワンコのフェイスブローチが圧巻です!
IMG_2610.JPG
テリアなんて、どうやって作るのかしら〜?と、作品に顔をくっつけてガン見してしまいました(笑)

あみぐるみを作るとき、「一般的な犬」の形ってありますよね。鼻つらが長くて、耳が垂れてて…。
もんぱぴさんの作品は、ご自身が犬を飼っていらっしゃることもあるのでしょう、毛の流れや耳の形など、細やかな表現が犬好きゴコロをグッとつかみます。何より、ご本人が犬が大好きで、楽しんで作っていらっしゃるのが作品から伝わってきました^^

ちょうど会場では、フェイスブローチ作りのワークショップを開催中。
ハオ作家の まるちゃんとママ友同士ということで、まるちゃんが講習のお手伝いをされていました。
ブローチを作るお客さまのには、わんちゃんを連れている方も! ドッグカフェという場所に初めて行ったのですが、静かに座って待っているわんちゃんがいい子すぎて驚きました^^ そして飼い主さんが作っていらっしゃるブローチが、どの子もわんちゃんそっくりでこちらも驚きました^^

IMG_2609.JPG
お昼どきだったので、shizukaさんと野菜たっぷりの焼きそばをランチにいただきました^^ オシャレ〜なやきそば。お味もグッドでした^^ 他にもパンケーキやスイーツも充実しています^^

もんぱぴさんの展示は30日17時まで。
最終日には、トレマーガ小須田先生のおしゃべりセミナー(予約制)もあるそうです。
(まだ咲いてないのに)お花見客ですごい人出の吉祥寺ですが、会場は賑やかな通りから一本入った落ち着いた雰囲気。お散歩がてら、ぜひお出かけくださいね。
もんぱぴさん、素敵な展示をありがとうございました。

================================
※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.22
vol.21
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方はこちらをご覧下さい。→

「好き!」の追求 > 指吸快子Sweet Quilt [ハート] ラブリーな布小物 [イベントレポート]

インプットの3月。
昨日はお目当ての展示を見に、半蔵門線方面へ。

まずはこちら。
IMG_2487.JPG
細野雅子 春コレクション 手編みニットウェア&帽子 @日本橋三越本店
期間>2016.3.2(水)→8(火) 10:00~19:00
会場>日本橋三越本店 本館5階イベントスペース

いつもお世話になっている細野先生の展示です。
毎年欠かさず伺っている秋冬の展示が、ハオグループ展と重なって見に行くができず…だったのですが、思えば細野先生の春物の展示を見るのは初めて! とても新鮮でした。
一貫して取り組んでいらっしゃる、ユニークな図形モチーフや、ブランドロゴでもある猫の肉球を編み込んだウェアは春物になると軽やかで着心地も良さそう。
先生のファンのお客様がかわるがわるいらっしゃって、
「これはおいくら?」
「18万円です^^」
…はぁ、ため息。憧れの境地です。
しかし、そこに至るまでの先生の素材へのこだわりやたゆまぬ努力もお聞きしているので…、私など本当に頑張りが足りないと反省させられるのでした。。。

今回はフランスで買い付けていらした生地やボタンを使った帽子もたくさん展示即売されています。
8日まで開催中ですので、ぜひ足をお運びくださいませ^^


続いては表参道に移動して、かねてから行ってみたかったギャラリーパレットさんへ。
IMG_2013.JPG
指吸快子出版記念作品展 Sweet Quilt  ラブリーな布小物
期間>2016.02.28 Sun - 03.04 Fri 11:00~19:00(最終日は16:00まで)

指吸快子さんのキルトの展示が開催中。フェイスブックで行かれた方の書き込みを見つけ、あまりの可愛さに「これは見なくては!」と鼻息荒く出かけました^^;

IMG_2006.JPG
展示もキュート!

IMG_2007.JPG
指吸さんの「好き!」が詰まっています。

IMG_2009.JPG
細野先生もそうですが、指吸さんの作品もきっと好みが分かれる作風だと思うんです。苦手な人もいるけれど、好きな人にはたまらん!みたいな。ちょっとディープな世界^^

万人受けを狙ったものって、作品から「万人受けを狙いました」って気配が漂うと思う。
でも、個展のように自己表現として発表する時は、自分の好きな世界を思い切り表現するのがいいな。そんな強いベクトルを持った作品の方が、人のココロに強く訴えることができるのだと思う。
いろんな人に向けて弱いベクトルをどんなにいっぱい出しても、結局誰のココロにも届かないんじゃないかな。

会場に伺った時は、ちょうどがま口のワークショップの真っ最中。指吸ワールドが大好きなお客様で満席で、皆さん夢中で針を動かされていました^^

IMG_2485.JPG
台湾で出版されたという著書を購入。

なんで台湾??? 指吸さんとは、ワークショップ中でしたので、あまりお話はできなかったのですが、サインをいただき、しっかり「ハオ」も渡して宣伝してまいりました^^;
IMG_2486.JPG
指吸さんの展示は明日4日まで。ぜひ会場の空気感も含め、作品の実物を見ていただきたいな…と思います。著書掲載作品の展示なので、作品物販はありませんが、マカロンポーチやがま口のキットや、珍しいパーツなども販売していましたよ^^

ギャラリーパレットは、元ヴォーグ社で編集をされていた秋間さんがオーナーの新しいギャラリー。
秋間さんともお話させていただいたところ、得意分野を活かして、出版と展示を絡めた企画をどんどん発信していきたいとのことでした。

「ハオ」もギャラリーに置いていただけるとのこと!(←ホントはそれが目的で行った)
「こんどゆっくりお話しに来て!」と言っていただいたので、改めて本をお届けに伺いたいと思います。

いろいろなものを見て、いろいろなことを感じる今日この頃です。

================================
※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.22
vol.21
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方はこちらをご覧下さい。→

手創り市@養源寺 [イベントレポート]

グループ展が終わって、次のハオの活動が始まるまで。
確定申告が終わって、2月中旬〜3月初旬あたりが、1年で一番ボーッとできる時間です。
今後のことも考えつつ、最近は脳内解放しております。

お天気のいい日曜日。
今日は本駒込の養源寺に「手創り市」を見に行ってきました。
IMG_2002.JPG
鬼子母神の手創り市と主催は同じところだそうですが、鬼子母神以外の会場もあるんですね。初めて知りました。

IMG_1994.JPG
お天気に恵まれ、気持ちのよい境内。お客さんも程よく賑わっています。
鬼子母神へは、みちくさ市の時に毎年出かけているのですが、古本を売るのに手一杯で、あまりゆっくり手創り市を見たことがなくて…^^; ちょうど始まったライブの音楽を聴きながら、今日は一人でゆっくり各ブースを見て回りました。

お目当てはコチラ!
1000021_533320716850837_2917220870562934697_n.jpg
Ukitt(ウキット)の竹内マイコさん^^
お世話になっているアトリエ素粒子の作家さんのお一人です。この日→に着ていたのもUkittのコート。とっても着やすいシルエットでありながら、ちょっとした切り替えや、裾や袖口などにニクい工夫がしてあって、着ているとちょっと気分がアガるのです^^

IMG_1999.JPG
ブースもたくさんのお客さまで賑わっていました^^ 竹内さん、接客中。
北海道からわざわざ手創り市を見にいらしたというショップオーナーの方が、Ukittのお洋服のパターンが素晴らしいと絶賛されていました(←すかさず「ハオ」をお渡し。自分の宣伝も抜かりなく[手(チョキ)]
竹内さんには個人的にお願いゴトがあり、今日はそのご相談を兼ねて伺ったのでした。そちらについてはまた後日ご報告いたしますね^^

ぐるぐる2時間くらい境内を見てまわったでしょうか。どれもレベルも完成度も高い作品が多いな…という印象。でもガツンとパンチのあるもの(こんなの初めて見た!というもの)は少なかったかなぁ。
◯◯市だったり、ミンネのようなサイトだったり、販売できる機会が増えていて、ブース作りやラッピングも熟れてきた感はありますが、ちょっときれいすぎる気もします。。。血沸き肉踊るものが見たい。。。うまく言えない。すみません。

とはいえ、家族のお土産に、焼き菓子と型染めのハンカチを購入。よい買い物ができました^^

来週も少しお出かけして、あれこれインプットする予定です。
次号の活動については、しばしお待ちくださいませ。

================================
※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.22
vol.21
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方はこちらをご覧下さい。→

下田直子ハンドクラフト展 [イベントレポート]

日本橋三越本店で、「下田直子ハンドクラフト展」が開催中です。
著書に掲載された作品の実物が見られるとあって、楽しみに出かけました。

地下通路にも大きく広告が出ていました。
IMG_1959.JPG

会場は新館7階ギャラリー
IMG_1962.JPG

こちらの展示は2年前に京都でも開催されたそうですが、「展示作品よりも、来場者の熱心さの方が見ていて面白かった」…なんて噂も耳にしておりました^^;

案の定、会場は人でぎっしり! 下田さんの人気を改めて目の当たりにしました。
作品の前をすし詰めの人が牛歩のように進んでいくのですが、こちらもゆっくり見たいので、牛歩でちょうどいいくらい。

前後から聞こえるお客さんのため息や
「ここはメリヤスで、ほら、ここから引き上げてるのよ!」というウンチクの声。
「刺しゅうでこんなに立体感が出るの! まるでアップリケみたい!」という感嘆の声には
(いや、それアップリケですから…)とココロの中で一人ツッコミ(笑)

500円でイヤホンを借りて、音声ガイダンスも合わせて楽しみました。

実物の完成度の高さと細かい手仕事に改めて感動。
約450点という、見ても見ても終わらない下田ワールドは圧巻。
特に、90年代前半に「毛糸だま」誌上に掲載されたニット作品は、リアルタイムで購読していただけに心を打つものがありました。
20年以上前のものなのに、全く古さを感じさせず、むしろ新鮮な感動を覚えるのは、やはりそれが流行におもねるものではなく、作家自身の感性から生まれた作品だからだと思います。自分ももっともっと作りたい! 作品からたくさんの刺激を受けました。

IMG_1964.JPG
出口の物販コーナーは大賑わい。

ポストカードと、展示内で、下田さんがテクニック勉強になると絶賛されていた文化出版のテキストを買いました。
IMG_1966.JPG

会期は2月15日まで。10日(水)には、サイン会もあるようです。
入場料800円では安すぎるくらい。ボリューム、内容とも素晴らしく、ハンドメイドをする方は、ぜひ見ておいた方がよい展示だと思います。
盛りだくさんなので、時間に余裕を持ってお出かけくださいね(なにせ牛歩…)^^

================================
※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.22
vol.21
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方はこちらをご覧下さい。→

Sakula embroidery期間限定ショップ@池袋西武 [イベントレポート]

まだまだ寒い日が続きますが、ショーウインドウには やわらかいピンクイエローなど、春めいた色もみられるようになりました。

IMG_1946.JPG
昨日は、夢民舎のお仲間、奈良在住のSakula embroidery上村さんの期間限定ショップがオープンと伺い、池袋まで行ってまいりました。

IMG_1945.JPG
小さいスペースながらも、Sakulaさんならではのビーズ刺繍アクセサリーがぎっしり。
上村さんにも久々にお会いすることができました(「写真はいいです〜[あせあせ(飛び散る汗)]」と逃げる上村さんが鏡に映ったところをパチリ;笑)。

春らしいパールのアクセサリーもたくさんあって…。
IMG_1944.JPG
3月に息子の卒業式があるので、パールのネックレスをいただきました。
まだ何を着るか決めていないので、長さが3段階に調節できるところも嬉しい^^

「お揃いのイヤリングがこれなんですけど^^」と上村さん。
ホントに商売上手だわ〜(笑) はい、セットでいただきましょ[手(チョキ)]
イヤリングは、その場でピアス金具にも変えてもらえます。

立ち話ではありましたが、最近の活動のお話、百貨店催事のあれこれ等々、いろいろ伺って、またたくさん刺激をいただいて帰ってまいりました。

池袋西武での催事は19日まで。

編み物も得意な上村さんのアクセサリーには、刺しゅうのベースにかぎ針編みが使われているものもあります。編み物をする方、アクセサリー作りをされる方には、作品の完成度もぜひ直接ご覧になっていただきたいです。

2月9日からは銀座KOSHIN GALLERYさんで、個展も開催の予定だそう。
Sakula embroideryの手仕事の世界をぜひご覧くださいね。

上村さん、楽しいお時間をありがとうございました!

Sakula embroidery 期間限定ショップのお知らせ
1月13日(水)~1月19日(火) 西武池袋店さま2Fアクセサリー売場スペースbyテアトロ
10時~21時※日曜日は20時Close

================================
※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.22
vol.21
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方はこちらをご覧下さい。→

発表する場所を選ぶということ。>トレマーガ展 & December tune [イベントレポート]

グループ展が終わり、やっと日常へ…と言いたいところですが、作家さんへの作品返却や、お客さまからのお問い合わせ対応で、1日がビュービュー過ぎていく師走です。昨日は久々に自宅教室もなく1日フリーな日。朝から、予約してあった人間ドッグへ行ってまいりました。バリウムからマンモまで一通り検査。健康第一です。

午後は、ニット作家の まるちゃんと原宿で待ち合わせ^^ 打ち合わせ以外で作家さんとお出かけするのは久々なのでウキウキして出かけました。

目的地はこちら。
IMG_2050.JPG
ご存知トレマーガ展! まるちゃんの幼稚園時代のママ友が出展しているそうで、今年は一緒に見に来ました。

「これこれ〜!」とにこやかに案内してくれる まるちゃん。
IMG_2046.JPG
どれどれ…え! ママ友のレベル越えてますけど!?
広瀬先生と小須田さんソックリの編みぐるみ。小須田さんが手に持っているのはご実家のダリアですね! すぐわかりました! 

会場は、先日もグループ展にいらしてくださったminamiwaの山口さんはじめ、クロバーさん、ニット作家の今村曜子先生など業界の方でいっぱい。
IMG_2045.JPG

昨日初めてお会いした今村曜子先生は、とってもパワフルでお話の楽しい方でした。Facebookでお友だちになっていただけました。うれしい^^ そしていつでもどこでも「ハオ」の宣伝をする私(笑)
12347885_997064813667940_876778545421071108_n.jpg
活躍されている方は、どなたからも前向きなオーラを感じます。

IMG_2048.JPG
小須田さんと。

40人以上の作家さんが参加されているとは思えないほど、ディスプレイが見やすく、1人1人の方の作品をじっくりと堪能。毎年拝見し、作家さんの作品の進化を感じるのも楽しみのひとつです。継続して発表の場を持つ大切さを、改めて感じました。

IMG_2056.JPG
小さな女の子の編みぐるみチャームを購入(写真右)。昨年も同じ作家さんのクマのブローチ(写真左)を買わせていただきました。毎年1個ずつ集めようかと。

IMG_2055.JPG 
作家さんゴメンなさい! どうしてもブローチにしたくって、帰宅してからブローチピンに付け替えさせていただきました。

トレマーガ展は14日(〜15時)まで。表参道のアートインギャラリーで開催中です。


原宿を後にし、まるちゃんと広尾へ移動。
ハオの作家 阪本あやこさんの展示が開催中とご案内をいただき、行ってまいりました。
IMG_2051.JPG
「阪本さんの展示」という認識のみで出かけたのですが、実際は、ギャラリーとご縁のある28名の作家による絵画、彫刻、コラージュなどの企画展でした。
December tune それぞれのカタチ
ギャラリー工房 親 にて、25日まで

阪本さんの作品タイトルは「stones」。織とフェルトで作った「石」のようなオブジェを壁面に配した作品です。今年の「ハオ」では、ahoj(アーオイ)の名で、同じく織とフェルトのがま口を発表してくださった阪本さん。
額装された油彩と並んで、静かな白い壁に映える青い「stones」。
同じ手法、同じ作家でも、このように展開方法を変えることができる。
誰に向けて発信する作品かによって、発表する場所を選ぶことも大切な要素であることに気づかされ、おおいに刺激を受けました。

「手芸」なのか「アート」なのか。若い頃はその定義にぐるぐる悩んだこともありましたが、どんなジャンルだろうと、実用品だろうと観賞用だろうと、生業にしていようと趣味だろうと関係なく、作り手にとって本当に大切なのは、「自分にしか作れない人の心を動かす作品を作ること」だと、今は思っています。
ただ、どのように見て欲しいか、誰に向けた作品かによって、作品を発表する場所や見せ方は選ぶ必要がある、ということかな。

展示は25日まで。ハンドメイドで「実用品」を作ることに迷われている方に、ぜひご覧になっていただきたい展示です。
阪本さんのお友だちの押鐘まどかさん(↑の今村先生とのツーショットで私が手に持っているのは押鐘さん作のバッグです)のニットとフェルトのショール(iichiに出品されていたのでリンク貼っておきます→)も見応えあり。
個人的には、大好きなペーパークラフトの安座上真紀子さんの作品の実物を初めて見られたのも感激でした。


IMG_2053.JPG
会場では、参加作家の小品の販売もされており、西山晴恵さんの小さな七宝のブローチをいただいてきました。


まったく方向性の異なるふたつの展示を見て、たくさんのことを感じ、そして「ハオ」はどうあるべきかをたくさん考えさせられた1日。
展示の後は、まるちゃんとお茶しながら完全にママ友トーク^^

グループ展明けでガス欠ぎみだったカラダに、たっぷりエネルギーチャージさせていただきました。まるちゃん、ありがとう〜!
明日からまた頑張りま〜す!

================================
※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.22
vol.21
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方はこちらをご覧下さい。→
前の10件 | 次の10件 イベントレポート ブログトップ