So-net無料ブログ作成
検索選択

本のご紹介>「銀杏堂」橘 春香 [イベントレポート]

「ハオ」vol.25(2017年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31

==========================
「オリジナル作品の作り方セミナー」受講者募集中です!>5/14(日)
詳細は↓をごらんください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-04-07

==========================

発行は昨年末ですので、すっかりご紹介が遅くなってしまったのですが、素敵な本をご案内。
IMG_4777.JPG
銀杏堂橘 春香

「ハオ」のカメラマンTくんのお姉さんの著書です(もはや伏字にする意味ないですね;笑)。
イラストレーターとしてご活躍で、何年か前に春香さんと刺しゅう作家さんとの絵のコラボ展に伺ったときは、絵の上に立体的に刺しゅうを施した大作が本当に素晴らしかったのが記憶に残っています。(今検索して、そのお相手の刺しゅう作家さんが、なんと樋口愉美子さんだったことを知る! えー、私、大ファンです! 当時はまだ知らなかった〜。わー、もう一回見たい!)

主人公の女の子に骨董屋さんのおばあさんが聞かせてくれる
骨董品ひとつひとつに秘められた冒険物語。

発売してすぐに購入したのですが、ずっと仕事で忙しくて読む時間がとれず…。

フェイスブックで、物語の中には、Tくんの亡くなったおばあさまとのエピソードも題材になっていると知り、ゆっくりとした気分で味わって読みたい…と、しばらく寝かせておりました。

先月、私も祖母が他界し、実家の富山へ向けて慌てて葬儀の身支度をしているときに、「そうだ!」と思いつき、「銀杏堂」をバッグに忍ばせて出かけました。

にしきごいのうろこ
いなずまのかけら…
骨董屋「銀杏堂」にある不思議な骨董品。
高田さん(骨董屋のおばあさん)が、それを手に入れたときの武勇伝を女の子に話してきかせます。

新幹線の中、春から冬に逆戻りする景色の中、いつもと違う時間の流れの中で、ひとつひとつのお話を楽しみました。細やかな子どもの目線と、私たち大人に言い聞かせているようなメッセージ。丁寧なことばが綴られています。

もちろん絵も素敵。個人的に春香さんの絵の色が好きなので、カラーの挿絵は特にじっくりと眺めてしまいました。高田さん(骨董屋のおばあさん)の若いころがすごくハイカラでかわいい。

故郷で祖母の葬儀でお別れをし、祖母の思い出と高田さんをちょっぴり重ね合わせながら、東京に帰ってきたとき、
あ、次の「ハオ」のテーマは「冒険」にしよう。
ずっと迷っていたテーマがふっと頭の中に降りてきました。

「歴史や思い出こそ人生の宝になるんだよ」

次号の「ハオ」のテーマへのヒントをくれた本でもあります。
ぜひ手にとってご覧になってみてくださいね。


遅ればせながら、
春香さん、ご出版おめでとうございます。

==========================
※↓下記にて電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

<受講者募集中>「オリジナル作品の作り方セミナー」5/14(日) [ハオvol.25の活動]

「ハオ」vol.25(2017年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31

==========================
IMG_2984s.jpg
ハオvol.25の参加作家さん募集に合わせて、恒例となりました「オリジナル作品の作り方セミナー」を今年も開催いたします。

「ハオ」への参加をご検討中の方に。「自分らしい作品づくり」を模索中の方に。
自由に作品を生み出すための視点を実践ワークを交えて学べる1dayセミナー。

過去の受講者さんを見ていると、既に十分な技術を持ち、教室で教えたり、発表活動をされている方が多いようでしたので、今年はちょっとだけ高度なお話もプラスします。

慣れてきたからこそ、ぶつかる壁ってありませんか?
「自分はこういうタイプ」と自分で自分の枠を決めてしまっていませんか?
新しいものを生み出す時は、いつもよりちょっとだけ「冒険」する。それがキャッチーな作品づくりにつながる。そんな新しい自分の切り口を見つけるワークを今年は取り入れました。

vol.25の募集テーマ「冒険」からデザインを起こす実践ワークも行いますので、ハオへの参加をご検討の方はご自身のデザインアイデアを整理したり、アドバイスをもらえる絶好の機会。2度目のご参加も大歓迎です^^

参加者には「ハオvol.25」の掲載料割引の特典もあります。ぜひ、参加をご検討ください!
================

ハオ 1dayセミナー
「オリジナル作品の作り方セミナー」募集要項

あなたは自分で自由にデザインが起こせますか?
オリジナルを作っている(つもりだ)けれど自信がない。
もっと自分ならではの「何か」を見つけたい…という方も多いのではないでしょうか?

「技術」や「売り方」ではなく、「ゼロから作品を生み出す視点」「魅せる作品づくりのための視点」を実際に手を動かしながら学ぶワークショップ。
ニットデザイナー きゆなはれる&ミニコミ誌「ハオ」編集長 松村忍による1年に一度のワンデーセミナーです。
5月の稲村ケ崎の海の空気はさわやか。無添加素材の味覚を目覚めさせるランチを楽しみながら、五感を遊ばせる贅沢な創作時間を過ごしてみませんか?

★こんな方の参加をお待ちしています
・自分でデザインした作品を作れるようになりたい(作っているけど自信が無い)方
・現在のもの作りを、もう一歩深めたい方
・作家活動をしたい(しているけど壁にぶつかっている)方
・自分の作品にマンネリを感じている方
・ハオvol.25への参加に興味のある方

※特別なスキルは不要です。

★日時 5月14日(日) 10時30分〜15時30分(ランチつき)

★概要
第1部 10:30〜12:30 講師:きゆなはれる「わき上がるデザインのために」
イメージから色や柄をおこす実験&レクチャー。さらに、いつもと異なる素材で小さなオブジェを作ります。経験、慣れ、実用から離れて、かたくなった頭をストレッチしましょう。

ランチ交流会 12:30〜13:30 

第2部 13:30〜15:30 講師:松村忍
「アイデアノートを作ろう〜テーマのある作品づくり」
『ハオ』vol.25の誌上ギャラリーの募集テーマでもある「冒険」を題材に、イメージマップや編み地を作りながらオリジナル作品を作る手順を学びます。

※自由な教室なので状況によって時間は多少前後します。
※当セミナーは「ハオ」vol.25の取材を兼ねております。セミナーでの制作物はハオvol.25に掲載する場合があります。予めご了承ください。

★場所 フィールドノート(きゆなはれるアトリエ)
鎌倉市稲村ケ崎2-5-24(江の電 稲村ケ崎駅より徒歩3分)

★定員 先着8名

★講習料  6000円(ランチ代込み/当日会場でお支払いください)

★持ち物 クロッキー帳(スケッチブック)、色鉛筆、はさみ(紙を切れるもの)、のり、毛糸などの素材
※参加者に改めて詳細をご連絡します(持ち物の詳細決定はGW明けの予定です)。

★主催 ハオ編集部
ミニコミ誌「ハオ」はニット、ソーイング、クラフト分野の若手作家が自由に作品を発表できる「誌上ギャラリー」をコンセプトとしたフリーペーパーです。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/
『ハオ』vol.25参加作家募集中。詳しくは下記をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31

★セミナー参加特典
当セミナーにご参加いただいた方は、『ハオ』vol.25への作品掲載料(16,000円)を1,000円割引いたします。
セミナーで学んだことを活かして、実際に作品を作って発表してみませんか?
午後のアイデアノート作りでは『ハオ』vol.25の誌上ギャラリーの募集テーマでもある「冒険」を題材にオリジナル作品を作る手順を学びます。
「『ハオ』に参加してみたいな…」という方には、特におすすめです^^

★お問い合わせ、お申し込み
下記のメールフォームに必要事項をご記入のうえ、お申し込み、お問い合わせください(準備の都合上、参加のお申し込みは5月10日までにお願いします)。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/d3f9ef6c296327

★講師プロフィール
きゆなはれる
遊び心のあるスローライフが信条のデザイナー。造形教室「夢民舎」主宰。ジャンルを問わず意欲的な作品を発表している。『かぎ針1本あれば……』(文化出版局)など著書多数。

松村忍
デザイナー・クラフト作家。手芸雑誌書籍などで作品を発表。ミニコミ誌『ハオ』編集長。監修本に『棒針編み困ったときに開く本』、『かぎ針編み困ったときに開く本』(新星出版社)。

=============
「ハオ」vol.25(2017年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31

==========================
※↓下記にて電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

当たり前のことを当たり前のように [ものづくりの部屋から]

「ハオ」vol.25(2017年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31
==========================

今週はずっと自宅で「子ども手芸教室」のワークショップ三昧のワタクシです。
IMG_4784.JPG
手縫いで巾着袋を作っています^^ 写真は新3年生の作品。かわいいです^^

「当たり前のことを当たり前のようにやることが大切」とは、
中学生の息子の保護者会で、教務主任の先生が言われた言葉ですが、
自宅教室を始めて丸5年が経ち、ホントにその通りだなぁ…としみじみ感じる今日この頃です。

子どもに手芸を教えることを、活動の軸の一つに加えたのは、2009年の雄鶏社の倒産がきっかけ。
「手芸人口を増やしたい」「自分が子どもの頃に豊かさや喜びを与えてくれた『手芸』に恩返しをしていきたい」という思いからです。

お教室の集客法を教えるセミナーや、作家さん向けのコンサルティングなどが今はたくさんありますが、私の教室はスタート当初は非常にノープランなものでした(汗)

しかし、当時生徒さんは息子の同級生の子たちが中心。失礼があってはいけない、お友だちママさんに喜んでもらいたい(嫌われたくない)という気持ちが、自然に教室のシステムを整えることになりました(外的プレッシャーがあると頑張れるタイプ;笑) ママ友からお金をいただくからには、金額以上に喜んでもらえるものにしなくてはいけない!という気持ちが強かったと思います。
また、子どもは正直(笑) いいものはいい。イヤなものはイヤとはっきり言ってくれちゃうので、教室で作る作品ラインナップも日々ブラッシュアップせざるをえない(汗)というのも、良かったのかな…。

試行錯誤でマイペースに続けていた教室に、「あれ?」という変化を感じるようになったのが去年の夏ごろ。教室ブログを見て…と、面識のない方からのお問い合わせが増え、教室の空席待ちを希望される方が増えてきました。空きが出て、地域の掲示板に募集告知をすると、即日で問い合わせをいただくようになりました。

生徒さん2人からスタートした教室は、今年度からクラスを増やして15人。
今月の単発のワークショップの予約は40人になりました。

特別なことは何もしていません。
生徒さんが喜びそうなこと、まさに当たり前のことを当たり前のようにやってきただけ。
生徒さんオリエンティッド。


ところで、私の子ども教室のワークショップは1回2,000円です。
40人で8万円。
教室の月謝は月4,000円です。15人で6万円。


「成功」って何なんでしょうね?
1ヶ月の売り上げが100万を超えなければいけないとしたら、
利益が外勤のOLさん並みになければいけないとしたら…、私は負け組ですよね。

手芸って儲からないです。
儲けたいなら手芸から離れた方がいいって言われます。
教室は自分一人でやらず、人を雇って大きくしないとダメって、ネットに書いてありました。

でも、私は自分の気持ちに正直でいたいなぁ…。
万が一、子どもを養わなくてはいけなくなったらパートに出よう。
これが20代後半に作家活動を志してから、ぐるぐる試行錯誤してたどり着いた私の考え方。
儲からない人の思考回路。
儲けたい人はマネしないでください(笑)


結局何が言いたかったかというと…
何をもって「成功」とするかは、その人の価値観だということ。
だけど
利益オリエンティッドよりも、生徒さんオリエンティッドでいる方が、長期的に見て売り上げにはつながるよね…というお話でした^^


長文失礼いたしました。

****************
※↓下記にて電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

手芸カフェ・まにあ~な(東京都・小金井市) [取扱い店リスト]

「ハオ」vol.25(2017年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31
==========================

昨日の続き。
小金井行きの目的はこちら。
o3024302413783481941.jpg
手芸カフェ・まにあ~な」さん。

昨年オープンしたばかり。フェイスブックの投稿で、かねてから気になっていたお店です。
手作り好きな方が集まるところには、ぜひ『ハオ』を置いていただきたい!と、ブログなどをウォッチしておりました^^

実は、ハオの作家さん shizukaさんが小金井在住なので、事前に「偵察」に行っていただき…(笑)、「オーナーさんが とても丁寧で感じのいい方。店内もキレイに整っていて、アトリエスペースも充実、居心地が良さそうでした!」と太鼓判があり、「よし!」とばかりに 同じ小金井在住作家のまるちゃんにも声をかけて出かけたのでした^^

IMG_4756.JPG
刺繍とソーイングのお店」ということで、DMCの刺しゅう糸の棚にお道具などが並ぶ可愛らしい店内。たくさんのお教室が予定されており、かぎ針編みの講習もされているようでした。
プロのパタンナーでもあるオーナーさんによるパターンメーキングのクラスもあり、初心者から上級者まであらゆるハンドメイドニーズに応えていただけるお店です。

ミシン.jpg
時間制でアトリエを使用することもでき、工業用ミシン、ロックミシン等を有料で使用することもできるそうです。

オーナーさんとお話していると、なんと一昨年の きゆな先生のヴォーグ学園手芸デザインアカデミーを受講されていたとのこと! 私も毎回、きゆな先生にくっついて行って、授業終わりに「ハオ」の宣伝をさせていただいていましたので、そちらで冊子のこともご存知でした。世の中狭いです。
無事、冊子も置いていただけることになりホッ。

IMG_4755.JPG
「手芸カフェ」ということで、お茶をすることもできます。400円(+税)で美味しいコーヒーとクッキーをいただきました^^ shizukaさんの太鼓判のとおり、糸や生地に囲まれた店内は手作り好きにはとても居心地がよく、冊子設置のOKをいただいた安心もあり、ついついお茶をしながら長居してしまいました(しかも、おしゃべりの内容が手作り談義でなく子育て談義で盛り上がり;汗 オーナーさん、すみません!)。

スペイン語で「明日」「朝」を意味する「まにあ〜な」。
「手芸人口を増やすために、みなさんの手づくりを応援します!」というオーナーさんと、今後もよいご縁がつながるといいな…と思います。

「ハオ」の作家募集もスタートしましたので、本の実物を手にとってみたいという方は、ぜひお出かけになってくださいね。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

****************
※↓下記にて電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

パティスリー モンガトウのリーフクッキー [ものづくりの部屋から]

「ハオ」vol.25(2017年10月発行予定)参加作家募集中です!
詳細は↓をご覧ください。
http://hao-since1999.blog.so-net.ne.jp/2017-03-31
==========================

4月になりました。
ハオの作家募集も昨日からスタートしました。
早速、昨年参加の作家さんたちから、今年も是非!とのメールが届き、うれしい限りです。

4月1日といえば…マイバースデー
私らしく雨[雨]のスタート(笑)
40代もいよいよ後半です(汗) 1日1日を大切に生きていきたいと思います。

年度末の昨日は小金井へ。
ハオの作家さん、まるちゃん、shizukaさんとランチ。
ものづくりの話からスタートするけれど、結局最後は子育て談義になってしまう同級生の私たちです。

IMG_4764.JPG
春休み中に大阪に帰省していたまるちゃんから、こんな素敵なお土産をいただきました。

パティスリー モンガトウさんのリーフクッキー。まるちゃんのお友だちのお店だそう。
https://www.facebook.com/パティスリー-モンガトウ-501198543313690/
http://www3.kcn.ne.jp/~m-gateau/

大阪土産と渡されたけど、勝手に誕生プレゼントということに脳内変換^^ まるちゃん、ありがとう〜!

数年前にもコンフィチュールをお土産にいただいて、それも絶品だったのですが、今は焼き菓子に力を入れていらっしゃるそう。
缶がとにかくかわいいのですが、それよりも中のクッキーが甘すぎず美味しい! ちょっとずつ大切に食べようと思います^^

フェイスブックページを見ると、シーズンによっていろんな缶入りの焼き菓子を出されているみたい。関西方面の方はぜひチェックしてみてください!

今年は、珍しく家族からもお花をいただきました。
IMG_4760.JPG
やっぱりお花をもらえるって嬉しい。いくつになっても。



…なーんて、やってる場合じゃないんです!
IMG_4765.JPG
机の上ぐっちゃぐちゃです(汗) クッキーの写真撮ってる場合じゃない〜。現実逃避。
やることだらけで、誕生日なのにテンパってます(汗)

昨日の小金井レポートは、また明日。
まずは、机の上の片付けから始めまーす!

****************
※↓下記にて電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

ハオvol.25 参加作家を募集します。 [ハオvol.25参加作家募集要項]

24.h1web.jpg
ミニコミ誌「ハオ」では、2017年10月発行予定のvol.25に作品掲載を希望する作家を募集いたします。


「ハオ」は、作家たちが掲載料を出し合って発行する、作り手発信の冊子です。
忙しい毎日の中でも何かを発信したい人、今のもの作りから一歩踏み出したい人のための本です。
1年にひとつ。真摯に作品と向き合い、発表し、形に残す。仲間たちとの交流も、あなたのもの作りに新しい風を運んできてくれるでしょう。


24.mihirakiweb.jpg
vol.24掲載作品/左ページ 編み物屋さん[ゆとまゆ] 右ページ まりあむ ばっと


IMG_3749s.jpg
掲載する作品はすべてプロのカメラマンが撮影。作品をよりよい形で記録に残せるだけでなく、自己PRにも活用いただけます。
冊子発行に合わせ掲載作品の作品展も開催。2017年も11月30日より吉祥寺のギャラリーにて開催を予定しています。参加作家は会場費の負担なしで、ギャラリーでの作品展にも参加できます(3,000円程度の経費負担があります)。


下記に募集要項を記させていただきましたので、ぜひご参加ください!
たくさんの方のご応募をお待ちしております。


※バックナンバーはこちらで試し読みできます。(電子書籍版vol.24は現在準備中です)
http://p.booklog.jp/book/105736
※冊子の実物をご覧になりたい方は、下記をご覧ください。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/place/


================================
<ハオvol.25 参加作家募集要項>

■参加資格
ニットやソーイング、クラフトの分野で、オリジナルの作品を制作している方ならどなたでも。

■掲載料
16,000円
貸しギャラリーの「レンタル料」と同様に、『ハオ』 への作品掲載には「掲載料」が必要になります。掲載料は、掲載決定後、指定の口座にお振込いただきます。

■vol.25(2017年10月中旬発行予定)の誌上ギャラリー募集テーマ
冒険

前人未到の地に挑む探検家、財宝、海賊、秘密の地図…物語の中で繰り広げられる壮大な旅。いつもとは違う道をドキドキ寄り道した幼いあの日も小さな冒険だったかもしれません。あなたは「冒険」と聞いて、何をイメージしますか? 「冒険」をテーマに制作した、ウェアや小物などの作品を募集いたします。

■お申し込み方法
関心のある方は、まずはメールにて編集部にご連絡ください。

↓お問い合わせメールアドレス
hao.since1999@gmail.com

応募には以下の書類が必要です。
・制作予定の作品のラフスケッチと、作品の簡単な解説(何をイメージしたものか…等)
・ご自身のこれまでの作品ファイル

送り先等は、ご連絡いただいた方にメールにて返信させていただきます。

※書類の到着をもって受付とさせていただきますので、お早めにお問い合わせください。
※お問い合わせ件名は「参加作家募集について」としてください。
※[hao]は小さな本のため、参加希望者が多数の場合、全員の作品を掲載できないことがあります。希望者多数の場合は、作品のアイテムのバランスや作風を考慮して、参加者を選ばせていただきます。

■申し込み締め切り
2017年6月1日必着
※ご応募いただいた方には、6月末までに参加の可否をご連絡いたします。
※参加者の完成作品納品日は2017年8月中旬頃になります。
※参加作家の方は6月に開催の、顔合わせミーティング(鎌倉市稲村ケ崎)にご出席をお願いします(土日の日中2時間程度。日程調整中です)。

■グループ展について
2017年11月30日~12月5日。吉祥寺の「ギャラリー永谷」にて、ハオvol.25の掲載作品を展示するグループ展を開催いたします。「冒険」の作品はすべて出品いたしますので、ご了承のうえ「ハオ」への参加をご検討ください。
グループ展の出品には、上記掲載料以外に、DM代など3,000円程度の実費を後日精算させていただきます。予めご承知おきください。

■作品写真の使用について
※本誌掲載用に撮影した作品写真の著作権は、ハオ編集部にあります。
※作品写真は本誌掲載のほか、本誌及び関連イベントの宣伝のため、スタッフブログ、公式ウェブサイト、DMハガキなどの印刷物に使用する場合があります。
※作品写真を本誌の表紙に使用する場合があります。表紙に掲載した作品写真は、当該号のウェブサイトのイメージ画像として1年間使用します。また、ポストカード化して読者プレゼントとして1年間使用します。予めご了承ください。

■お問い合わせ
ご連絡先を明記のうえ、上記アドレスにメールにてご連絡お願いいたします。

皆さまからのご参加を心よりお待ちしております。

****************
※↓下記にて電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

大人の遠足 [ものづくりの部屋から]

「今回のハオは、ちょっと無難な感じ?」

昨年のvol.24を発行してから今日までに、尊敬する作家の先輩2人(←このお二人は全くつながりのない方)から、全く同じような内容のお手紙を2通いただいた私です。

2人に同じことを言われるってことは、ホントにそうなんだな。。。
心の中に小骨が引っかかっているような気持ちを抱えつつ、日々の忙しさの渦に巻かれておりました。


プライベートでは、仕事はいたって順調。
IMG_2597.JPG
なんと夏に著書が出ます。なんとそれも子ども手芸の本! ブラボー!
気づけば自宅で子どもたちに手芸を教え始めて5年が過ぎていました。コツコツ続けていた活動を目にとめていただき、今回ひとつの形にまとまることになりました。まだ夢の中にいるような気分です。
とはいえ、これまでは「ハオ」の作家さんたちと一緒に、ディレクション&監修という立場で本づくりをしてきたわけですが、今回は私一人。グループ展が終わってからは、ずーっと引きこもり状態でおりました(汗)


「今回のハオはちょっと無難な感じ?」
心に小骨が引っかかったままの引きこもり。…不健康(汗)
小骨があるので、ブログもあまり書けず…と今さらながら白状しておきます。。。


「久しぶりに師匠のところに行きたいな」
先日の かわたさんがつさんの個展で、かわたさんからそう言われて
「行こうよ!」
とにかく、新しい空気に触れたくて即答の私でした。

IMG_4745.JPG
久々の稲村ヶ崎の海です。眩しい。
ずっと近くばかり見ていたので、あまりの光量にクラクラ。

IMG_4748.JPG
海岸でひとやすみする観光客のお昼ごはんを、鳶が狙ってました。


きゆな先生のアトリエに着いて、近況報告しながら竹内シェフのランチ。
お手製のほうれん草のパスタクリームは豆乳だそうでもたれません。(あっという間に食べて写真なし)
デザートにコーヒーと晒し小豆の炊いたのをいただいて。あぁ、ほぐれる。。。
IMG_4751.JPG
こちらもあっという間に食べて、空の器のみですみません(汗)


心の小骨問題は、きゆな先生に泣きを入れ、いろいろありがたい言葉を頂戴し、自分なりに落としどころが見つかった…と思う。5月(14日を予定してます!)には、恒例の「オリジナル作品の作り方セミナー」を開催する予定なので、その内容にも今回の小骨問題をフィードバックしていきたいと思っています。

IMG_4752.JPG
実は、鎌倉方面に出かけても、いつもミーティングが終わるととんぼ返りで、鎌倉の街をほとんど見たことがない私。帰りは、かわたさんと和田塚で降りて、鎌倉駅までぶらぶらと散歩しながら帰りました(お目当ての「木々」さんは、イベント出店中でお休み…。とりあえず「木々」さんの写真を撮るかわたさんの図^^)。そしてセレクトショップで作家もののバッグを大人買い(汗) 「かわたさんも買いなよ!」とプッシュして、かわたさんもアクセサリーをご購入。

大人の遠足。

なんか…楽しかった(笑) 


明日は「ハオ」vol.25の誌上ギャラリーのテーマを発表の予定。
また、新しい出会いと気づきを楽しみに。

エネルギーをチャージして、これから始動いたします。

========================

ハオの作家たちによる 初めてのニット作品集
8937_1474416138.jpg
「家族みんなのあったかニット」
成美堂出版より発売中!
ぜひ、ご覧ください!
http://www.seibidoshuppan.co.jp/product/9784415322384/

========================

※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

かわたさんがつ フェアアイルニット展 記憶の断片Ⅱ [イベントレポート]

インプット週間。
週明け月曜日は、夢民舎のお仲間、かわたさんがつさんの個展を見に国立へ。
g170302IMG.jpg
↑インスタグラム風デザインのDMがユニークです^^

かわたさんがつ フェアアイルニット展 記憶の断片Ⅱ
2017年3/2(木)-3/7(火)
11:00-18:00(最終日は16:00まで)
東京都国立市東1-15-20
ギャラリーゆりの木
JR中央線国立駅南口 徒歩3分
http://glass-yurinoki.com/

kawata.jpg
お得意のフェアアイルニットウェアが並ぶ、見応えのある展示でした。
なんと編み図とキットも販売されています。

IMG_4707.jpg
私たちが造形教室「夢民舎」で きゆなはれる先生から学んだのは、イメージからデザインを起こす方法。
かわたさんのニットにもひとつひとつタイトルがついていて、イメージソースとなる写真パネルも合わせて展示されています。
おそらく1段2色で構成されていると思うのですが、すごく深みのある色ですよね。さりげないベストですが、熟考された色と柄に感服です。。。

IMG_4705s.jpg
次々とお友だちが訪れ、終始賑やかなギャラリー。あー、やっぱり個展いいな!

g170302IMG.jpg
DMに掲載のネックウォーマーをお買い上げ。キットじゃなくて製品の方(笑)
フェアアイルのネックウォーマー、めっちゃリッチです〜。

お客さまで賑わうギャラリーの中、積もる話題が話し足りなくて、近々またお会いする約束をしてギャラリーを後にしました。

展示は本日最終日(16時まで!)。
圧巻のフェアアイルニットをぜひご覧になってくださいね。

かわたさん、素敵な展示をありがとうございました!

========================

ハオの作家たちによる 初めてのニット作品集
8937_1474416138.jpg
「家族みんなのあったかニット」
成美堂出版より発売中!
ぜひ、ご覧ください!
http://www.seibidoshuppan.co.jp/product/9784415322384/

========================

※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

はじめての…あど〜ちん単独ギャラリー展 小さな森の仲間たち [イベントレポート]

バレンタインが終わったら、100円ショップディスプレイはイースターに。
イースターを祝う習慣なんて、日本にあったっけ?

私はというと…
IMG_4660.jpg
チョコレートの空き箱に…

IMG_4664.JPG
手袋の製図を引いています^^;

実は昨年末、グループ展で私の手袋を買ってくださった方から、もともと手が大きめということでサイズを気にされていたのですが、やはり使っているうちにほつれてしまったとご連絡をいただき…。お直しをさせていただいたのでした。
お客さまからご指摘をいただいて、改めて製図を見直すと、原型寸法に則っているものの、フリーフォームという独特の編み方を考えると、想定される編み地の伸びとは異なるので、親指まわりなどに負荷がかかりやすいな…と反省。
今年のグループ展では、さらにブラッシュアップしたものをお出しできるように、亀の歩みですが試行錯誤中です。

さて、すっかり会期も終了してしまって宣伝に貢献できなかったのですが、
先週は、夏休みの子ども向け体験教室の講師仲間「あど〜ちん」さんの初めての個展に行ってまいりました。
339b5a392bb1d54721d08006833624a7.jpg

動物の専門学校(←すみません、ざっくりとした記憶で[たらーっ(汗)])ご出身で、動物愛と知識が素晴らしい作家さん。

IMG_4665.JPG
ペンギンだけで7種類。それぞれの特徴を捉えています。
「ほら、こっちのは足がピンクでかわいいんだよ」と言われてもピンとこない私(汗)。
でも、とにかくかわいいのでペンギンのストラップ3つも買っちゃいました^^
パッと見て心をつかむ可愛さもあり、動物の生態を知れば知るほどわかる味わいもあるところは、マンガで例えるなら『動物のお医者さん』的な作品です。

IMG_4666.JPG


IMG_4667.JPG
トリ(すみません。ざっくりとした説明で[あせあせ(飛び散る汗)]

小さなギャラリーと伺っていましたが、小さなストラップを中心に販売されている活動の様子を見てきたので、どのような展示をされるか興味津々だったのですが、
IMG_4668.JPG
なんとこの展示のためにストラップ800個作ったそうです。すごい〜。

会場には、この展示のために作ってもらったというオリジナルのBGMが流され、お友だちが次々訪れる会場はホントに小さなあど〜ちんワールド。
あぁ、私も個展やりたいなぁ…と、あど〜ちんさんの作家パワーにたくさん刺激をいただきました。
あど〜ちんさん、素敵な展示をありがとうございました!
確定申告の書類にまみれてアップアップの今日この頃ですが、私も早くデスクワークを片付けて、ものづくりに頭を切り替えなくちゃ!

春はもうすぐそこまで来ています。



========================
ハオの作家たちによる 初めてのニット作品集
8937_1474416138.jpg
「家族みんなのあったかニット」
成美堂出版より発売中!
ぜひ、ご覧ください!
http://www.seibidoshuppan.co.jp/product/9784415322384/

========================
※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/

訂正記事を載せていただきました [ハオグループ展]

久々の更新です。

積もった仕事を片付けつつ、春からのことをぐるぐる考えつつ、今は確定申告とハオの会計報告作りのためパソコンとにらめっこです^^;

さて、新年の「洋装産業新聞」にて、年末のグループ展についてご紹介いただいていたのですが、掲載作家名の誤りがありました。
本日発行の2月15日号にて、訂正記事を載せていただきましたので、ご報告させていただきます。
IMG_4659.JPG
「翼」の作品の参加作家として「panderful world」さんのお名前が抜けておりました。
IMG_4658.JPG
掲載から1ヶ月以上経っての訂正文掲載となってしまい、作家さんには大変申し訳ありませんでした。
こちらの申し出に真摯に対応してくださった記者の方には大変感謝しております。

取り急ぎ、ご報告のみ。
どうぞよろしくご確認お願いいたします。

========================
ハオの作家たちによる 初めてのニット作品集
8937_1474416138.jpg
「家族みんなのあったかニット」
成美堂出版より発売中!
ぜひ、ご覧ください!
http://www.seibidoshuppan.co.jp/product/9784415322384/

========================
※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.23
http://p.booklog.jp/book/105736
vol.22
http://p.booklog.jp/book/96932
vol.21
http://p.booklog.jp/book/83618
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方は↓下記をご覧下さい。
http://www016.upp.so-net.ne.jp/hao/backnumber/