So-net無料ブログ作成

発表する場所を選ぶということ。>トレマーガ展 & December tune [イベントレポート]

グループ展が終わり、やっと日常へ…と言いたいところですが、作家さんへの作品返却や、お客さまからのお問い合わせ対応で、1日がビュービュー過ぎていく師走です。昨日は久々に自宅教室もなく1日フリーな日。朝から、予約してあった人間ドッグへ行ってまいりました。バリウムからマンモまで一通り検査。健康第一です。

午後は、ニット作家の まるちゃんと原宿で待ち合わせ^^ 打ち合わせ以外で作家さんとお出かけするのは久々なのでウキウキして出かけました。

目的地はこちら。
IMG_2050.JPG
ご存知トレマーガ展! まるちゃんの幼稚園時代のママ友が出展しているそうで、今年は一緒に見に来ました。

「これこれ〜!」とにこやかに案内してくれる まるちゃん。
IMG_2046.JPG
どれどれ…え! ママ友のレベル越えてますけど!?
広瀬先生と小須田さんソックリの編みぐるみ。小須田さんが手に持っているのはご実家のダリアですね! すぐわかりました! 

会場は、先日もグループ展にいらしてくださったminamiwaの山口さんはじめ、クロバーさん、ニット作家の今村曜子先生など業界の方でいっぱい。
IMG_2045.JPG

昨日初めてお会いした今村曜子先生は、とってもパワフルでお話の楽しい方でした。Facebookでお友だちになっていただけました。うれしい^^ そしていつでもどこでも「ハオ」の宣伝をする私(笑)
12347885_997064813667940_876778545421071108_n.jpg
活躍されている方は、どなたからも前向きなオーラを感じます。

IMG_2048.JPG
小須田さんと。

40人以上の作家さんが参加されているとは思えないほど、ディスプレイが見やすく、1人1人の方の作品をじっくりと堪能。毎年拝見し、作家さんの作品の進化を感じるのも楽しみのひとつです。継続して発表の場を持つ大切さを、改めて感じました。

IMG_2056.JPG
小さな女の子の編みぐるみチャームを購入(写真右)。昨年も同じ作家さんのクマのブローチ(写真左)を買わせていただきました。毎年1個ずつ集めようかと。

IMG_2055.JPG 
作家さんゴメンなさい! どうしてもブローチにしたくって、帰宅してからブローチピンに付け替えさせていただきました。

トレマーガ展は14日(〜15時)まで。表参道のアートインギャラリーで開催中です。


原宿を後にし、まるちゃんと広尾へ移動。
ハオの作家 阪本あやこさんの展示が開催中とご案内をいただき、行ってまいりました。
IMG_2051.JPG
「阪本さんの展示」という認識のみで出かけたのですが、実際は、ギャラリーとご縁のある28名の作家による絵画、彫刻、コラージュなどの企画展でした。
December tune それぞれのカタチ
ギャラリー工房 親 にて、25日まで

阪本さんの作品タイトルは「stones」。織とフェルトで作った「石」のようなオブジェを壁面に配した作品です。今年の「ハオ」では、ahoj(アーオイ)の名で、同じく織とフェルトのがま口を発表してくださった阪本さん。
額装された油彩と並んで、静かな白い壁に映える青い「stones」。
同じ手法、同じ作家でも、このように展開方法を変えることができる。
誰に向けて発信する作品かによって、発表する場所を選ぶことも大切な要素であることに気づかされ、おおいに刺激を受けました。

「手芸」なのか「アート」なのか。若い頃はその定義にぐるぐる悩んだこともありましたが、どんなジャンルだろうと、実用品だろうと観賞用だろうと、生業にしていようと趣味だろうと関係なく、作り手にとって本当に大切なのは、「自分にしか作れない人の心を動かす作品を作ること」だと、今は思っています。
ただ、どのように見て欲しいか、誰に向けた作品かによって、作品を発表する場所や見せ方は選ぶ必要がある、ということかな。

展示は25日まで。ハンドメイドで「実用品」を作ることに迷われている方に、ぜひご覧になっていただきたい展示です。
阪本さんのお友だちの押鐘まどかさん(↑の今村先生とのツーショットで私が手に持っているのは押鐘さん作のバッグです)のニットとフェルトのショール(iichiに出品されていたのでリンク貼っておきます→)も見応えあり。
個人的には、大好きなペーパークラフトの安座上真紀子さんの作品の実物を初めて見られたのも感激でした。


IMG_2053.JPG
会場では、参加作家の小品の販売もされており、西山晴恵さんの小さな七宝のブローチをいただいてきました。


まったく方向性の異なるふたつの展示を見て、たくさんのことを感じ、そして「ハオ」はどうあるべきかをたくさん考えさせられた1日。
展示の後は、まるちゃんとお茶しながら完全にママ友トーク^^

グループ展明けでガス欠ぎみだったカラダに、たっぷりエネルギーチャージさせていただきました。まるちゃん、ありがとう〜!
明日からまた頑張りま〜す!

================================
※バックナンバーの電子書籍版を100円でお求めいただけます(試し読みもできます)。
vol.22
vol.21
※vol.20以前のバックナンバーをお求めの方はこちらをご覧下さい。→
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0